国立新美術館・混雑に関する情報まとめ【状況、予想など】

国立新美術館の混雑・状況

国立新美術館は、2007年に東京都港区六本木にオープンした国立の美術館としては30年ぶりに新設されました。
敷地面積3万㎡、延床面積47,960㎡の日本最大の美術館、コレクションを持たずに展示スペースで複数の展覧会を開催、アートライブラリーにて美術情報や資料の収集・公開し、講演会やシンポジウムなどの場を提供することで新しい文化の創造に寄与するという新しいタイプの施設、東京メトロ千代田線乃木坂駅から直結というアクセスの良さもあり、年間250万人以上の入館者数全国1位の美術館で特に週末は混雑しています。
国立新美術館の混雑状況は、平日は比較的空いていますが、土日祝日はいつも混雑、この他にGW、春・夏・冬休み期間、お盆時期も混雑している状況です。

スポンサーリンク


国立新美術館の混雑・予想

国立新美術館は、東京都港区六本木にある美術館、コレクションを持たず、国内最大級の展示スペースを活かした常に複数の企画展・公募展などの展覧会を開催して展示会毎に入場料を払うという方式で、また美術に関する情報・公開・提供・教育・普及などのアートセンターとしての機能を持つ新しいタイプの美術館です。
地下鉄へのアクセスが良く、館内には1つのレストランと3つのカフェやミュージアムショップがあり明るく開放的な造りで、土日祝日は美術鑑賞の他にデートスポットとしても利用されて混雑しています。
国立新美術館の混雑予想は、平日は比較的空いていますが、土日祝日はいつも混雑、混む時期は春・夏・冬休みは混雑して平日でも混雑、GWも混雑、特に夏休み期間のお盆時期は1年で1番混雑してこの時期は平日でも混雑します。

国立新美術館の混雑・平日

国立新美術館は、東京都港区六本木に2007年にオープンしたコレクションを持たず国内最大規模の展示スペースを活かし様々な企画・公募展を行う新しいタイプの美術館、森の中の美術館というコンセプトで明るく開放的な空間で心ゆくまでアートを楽しめるために土日はいつも混雑しています。
国立新美術館では、常に複数の展覧会が開催されて、1~3階に12の展示室、料金は展示会毎に異なり展示会の入り口で支払う方式、グルメも充実して3階にはレストラン、各階にはカフェがあり各店舗では展示会とコラボ企画の特別メニューもあり、ミュージアムショップで世界中のアーティストの作品が手に入り、デートスポットとしても使われ年間250万人以上が訪れています。
国立新美術館は、平日は比較的空いていますが、春・夏・冬休み期間とお盆時期は平日でも混雑します。

国立新美術館の混雑・印象派

国立新美術館は、国内最大級の展示スペースを持ち、コレクションを持たず常に複数の企画展や公募展を開催するという新しいタイプの美術館、六本木というアクセスの良さに加えグルメも充実してデートスポットとしても利用されて混雑しています。
国立新美術館では、2018年2月14日(水)~5月7日(月)の期間に「至上の印象派展、ピュールレ・コレクション」が開催されて大人気に、この展示会には印象派の作品60点、中には人気のセザンヌやゴッホの作品が複数展示されて、スイス国外に持ち出されて公開は数回と貴重価値が高く、しかも国内でこのコレクションが最後のために大変な混雑で、チケット売り場には行列ができ開館から閉館まで展示会場は人出が絶えなかったのです。

国立新美術館の混雑・ツイッター

国立新美術館は、2007年に開館した日本で5館目の国立美術館、コレクションを持たないで常に複数の企画展・公募展を開催するという新たなタイプの施設、レストランやカフェもあり、オリジナルグッズを揃えるミュージアムショップを訪れるだけでも楽しめる憩いの場所として年間250万人以上が訪れて混雑しています。
国立新美術館の公式ツイッターでは、様々な情報を発信していて、その中には混雑状況を随時配信しているものもあるのでリアルタイムな混雑状況を知ることができます。
土日祝日などは、人気のある展示会は混雑必須なので鑑賞予定の展示室の情報を把握してから行かれることをおすすめします。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました