リゾート・文化施設

ズーラシア・混雑に関する情報まとめ【駐車場、GW、夏休みなど】

ズーラシアの混雑状況

「ズーラシア」の正式名称は「横浜市立よこはま動物園」です。
その名の通り、神奈川県横浜市にある動物園です。
展示動物は約100種600点となっており、世界三大珍獣であるオカピを日本で初めて一般展示した動物園として知られています。
多くの動物を展示しているので、敷地面積も広大で、東京ディズニーランドとほぼ同じ広さとなっています。
広大な敷地であるため、園内を歩いている分には、さほど混雑は感じないかもしれません。
オカピなどの人気動物の前や無料イベント会場前は人だかりとなっていても、さほど気にせず見ることができます。
しかし、レストランや売店は午前11時ごろから満席ぎみとなるので、気をつけましょう。

スポンサーリンク


ズーラシアの混雑・駐車場

ズーラシアの園内は、土日・祝日であってもさほど混雑はしていません。
問題なのが駐車場です。
駐車場自体は、2200台駐車できるスペースがあります。
基本的には正門駐車場の利用となりますが、GWなどの混雑時は北門駐車場、管理センター駐車場にも誘導されます。
駐車場の営業時間は8時30分~17時30分までとなっており、ズーラシアの開園時間より1時間ずつ前後しています。
駐車料金は後払い制で普通車の場合1回1000円となっています。
GW などの連休以外は満車になることはありません。
しかし、連休時には駐車場の出入口が1か所だけなので、接続する「中原街道」が大渋滞となってしまうのです。
中原街道は片側2車線となっているので、そのうちの1車線が駐車場に入る車で渋滞となってしまいます。
さらに駐車場は警備員の方が空きスペースを誘導してくれるのですが、時間が経つにつれ、なかなか見つからなくなるので、空き待ちに1~2時間かかることはざらなのです。
駐車場の混雑を避けるには、駐車場がオープンする開園1時間前には到着するようにするのがベストです。

ズーラシアの混雑予想

ズーラシアは人気の動物園ですが、平日は混雑することなく、ゆっくりと見ることができます。
土日祝日は、多くの来場者があり、駐車場は混雑しますが、ズーラシアの敷地は広いので園内の混雑はさほどではありません。
GW、夏休み、春休みは広大な敷地のズーラシア園内でも人が気になるほどの混雑となります。
また、駐車待ちの車でズーラシア周辺道路は長蛇の列が発生するほどになります。
夏休みには通常は閉園されている夜間に開園される土日限定の「ナイトズー」が開催されます。
ナイトズーは人気のイベントなので、日中より混雑が見られることもあります。

ズーラシアの混雑・GW

ズーラシアは広大な敷地のため、混雑が予想されても園内に入れば、思ったほどの混雑ではないことが多いです。
しかし、GW、夏休み、春休みはかなりの混雑が予想されます。
特に過ごしやすい天候のGWは、一番混みあう時期になります。
雨が予想されるときはさほどでもありませんが、晴れの日は激混みです。
車での来園を予定されている場合は、ズーラシア開園1時間前の駐車場のオープン時間に合わせていくのが安心です。
また通常は正門から入園しますが、混雑時は北門も開いているので、そちらから入園すると混雑を避けることができます。
もしその時間帯での来園が難しいようであれば、14時以降がおすすめです。
すでに帰宅する方もいるので、スムーズに駐車しやすくなります。
また、園内には5か所のレストランがあります。
混雑時にはレストランも混雑するので、できるだけ待ち時間を少なくして楽しみたいと思われる方は、お弁当を持参することをおすすめします。

ズーラシアの混雑・夏休み

GWに次いで混雑するのが、夏休みです。
例年、夏休みの土日、お盆の時期は大混雑します。
夏休みの土日、お盆の時期への来園を予定している場合は、GWと同様の時間帯を狙って行くのがおすすめです。
また、夏休みの土日は、ナイトズーが開催されています。
いつもは見ることができない、動物たちの夜の姿を見ることができるので、人気のイベントとなっています。
こちらは帰宅時の混雑と避けるため、19時くらいには退園できるようにするといいでしょう。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道