琵琶湖テラス・混雑に関する情報まとめ【予想、状況、平日など】

琵琶湖テラスの混雑予想

「びわ湖テラス」は、2016年7月滋賀県大津市にある高原リゾート施設「びわ湖バレイ」にオープンしたテラスです。
比良山系から琵琶湖側にテラスが設けられ、琵琶湖の絶景を堪能できます。
山岳リゾートであることにこだわりを持って作られた施設は、琵琶湖の絶景だけではなく、上質な空間づくりにも意識されているので、非日常の贅沢な時間を味わうことができ、インスタ映えする今注目の施設となっています。
ロープウェイ山麓駅の目の前がメインテラスの「THE MAIN」です。
こちらにはカフェ席とフリースペースとがあります。
2018年8月に完成した「North Terrace」では、更なる贅沢な空間を味わうことができるスポットです。
当日の先着予約制となっていますが、なかなか予約が取れない日もあります。
休日はかなりの混雑ですが、平日は気になるほどの混雑ではありません。
絶景のテラスと評判なので、お天気のいい休日はかなり混雑します。
また、びわ湖バレイに行くにはロープウェイを利用する必要がありますが、前売り券は販売されておらず、現地のチケット窓口のみでしか購入できないので、早めに到着することをおすすめします。

スポンサーリンク


琵琶湖テラスの混雑状況・2018年

2018年8月に予約制のエリア「North Terrace」ができたことにより、休日はさらに混雑するようになりました。
ノースエリアの貸し切り席「インフィニティ・ラウンジ」は、現地での先着順となっているので、朝一番から混雑が目立つ日もあります。
しかし、フリースペースを利用することで混雑を避けることができました。
テラスは絶景を堪能するため、かなりの混雑でしたが、びわ湖バレイ自体、広大な敷地を持っているので、テラス以外の混雑は気になるほどではありませんでした。

琵琶湖テラスの混雑状況・2019年

人気のスポットなので、週末、連休はかなり混雑します。
特に、GW、8月上旬からお盆が終わるころ、紅葉が見ごろになる10月下旬から11月下旬、クリスマスイルミネーション、大晦日、スキー期間の2月から3月が混雑します。
一番混雑するのは、紅葉の時期です。
この時期は、午前中に駐車場も満車になってしまうことも少なくありません。
混雑がひどい場合は、入場制限がかかることもあるので、注意して下さい。
紅葉の季節以外の混雑する時期の駐車場は11時を過ぎると満車になってしまいます。
ロープウェイの利用のことも考えると、9時には駐車場に到着しておくのがいいです。
また、テラスもランチタイムは混みあいます。
少し時間をずらすと混雑を回避できるので、混雑を避けるためには、絶景を堪能しつつ、早めに行動することをおすすめします。
びわ湖テラスは通年営業していますが、ロープウェイとともに定期休業する日があります。
2019年は、3月25日(月)~4月5日(土)、4月22日(月)~4月26日(金)、6月24日(月)~6月28日(金)、9月2日(月)~9月6日(金)、11月25日(月)~12月下旬スキー営業日までとなっています。
お出かけの際は注意して下さい。

琵琶湖テラスの混雑・平日

週末は混雑、渋滞を避けられないのですが、平日はそれほどでもないので、行くのであれば、平日をおすすめします。
しかし、夏休み、春休みは平日であっても、週末同様の混雑が予想されるので、気をつけて下さい。
午後からはカフェタイムをのんびり過ごそうとする人が押し寄せるので、平日でもやや混雑します。

琵琶湖テラスの混雑・朝

びわ湖テラスの混雑は、ランチタイム以降の時間になります。
ゆったりとした気分で楽しみたい場合は、午前中がおすすめです。
朝からびわ湖テラスでのんびりして、早めのランチにすると、優雅なひと時を楽しめます。
ゆったりとカフェタイムを楽しみたい場合は、早めに出かけ、North Terraceの有料席を利用するのも一つです。
当日先着順になっています。
45分間で一人3000円となっています。
先着順なので、朝から出かけるのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました