リゾート・文化施設

上野動物園・混雑に関する情報まとめ【カレンダー、予想、時間など】

上野動物園の混雑カレンダー

上野動物園は、東京都台東区上野公園の上野恩賜公園にある東京都立動物園です。
歴史は古く、1882年開園した日本最初の動物園なのです。
人気のある動物園で、入場者数も日本一を記録した動物園なので混雑していることが多いです。
特にパンダのシャンシャンを見たいと来園される方が多く、パンダ舎の前は混雑が目立ちます。
週末はいつも混雑していますが、夏休み期間中は平日でも混雑が予想されます。
8月の山の日の連休前後はいつも以上の混雑ではないかと思われます。
夏休みが終わる9月からは平日はさほどの混雑ではないようです。
10月になり、過ごしやすい季節になると、動物園も混雑します。
10月は平日でも9月よりも混雑が予想されます。
11月になれば、寒くなるので、週末以外は比較的混雑は少なめになりますが、年末年始はかなり混雑するので、気をつけて下さい。

スポンサーリンク


上野動物園の混雑・土日

土日は混雑が予想される上野動物園ですが、どれくらいの混雑なのでしょうか。
人は結構いるけれど、動物が見られないほどの人混みではないです。
しかし、混雑していてところどころ行列ができる場所があるといった感じの混雑ぶりです。
一番混雑しているのは、やはりパンダ舎です。
待ち時間の目安は、日中は60分程度、夕方になると30分程度です。
一番混雑するのが11時から14時くらいなので、その時間帯を避けると待ち時間も少なくなることが多いです。
「早くパンダを見たいから」と開園前は入場券購入待ちの行列ができます。
表門はチケット待ちの列が長いですが、弁天門、池之端門に並ぶとスムーズに入園できることが多いです。

上野動物園の混雑予想

平日でも割と混雑することが多い上野動物園ですが、春休み、GWは天候がいいので、かなり混雑します。
6月12日はパンダのシャンシャンの誕生日なので、記念品配布もあったので、いつも以上に混雑しました。
シャンシャンの返還は2020年12月末に決定したので、来年の2歳の誕生日はさらに混雑することが予想されます。
夏休みもかなり混雑します。
平日でも土日並みに混雑します。
また外で並ぶ必要があるので、熱中症のリスクも高まるので、注意して下さい。
小さいお子さんは夏の上野動物園は避けたほうがいいかもしれませんね。
夏休みもお盆を過ぎると、遠出する人も少なくなるので、混雑は少し落ち着きます。
夏休みに上野動物園に行こうと思っている方は、お盆を過ぎた日がベストです。
また夏休みには、ナイトズーが企画されます。
普段見ることのできない夜行性の動物の生態が見られるので人気の企画となっています。
こちらもかなり混雑しています。
上野動物園は、3月20日の開園記念日、5月4日のみどりの日、10月1日の都民の日が無料開放日となっています。
この日は時間帯に関係なく、かなり混雑します。

上野動物園の混雑・リアルタイム

上野動物園のリアルタイムの混雑状況を知るには、公式Twitterが便利です。
パンダの待ち時間が、時間とともに紹介されています。
特に混雑時はパンダ観覧受付終了時刻が予定よりも早まる場合があるので公式Twitterのチェックは欠かせません。
また、#上野動物園 混雑、#上野動物園 人、#上野動物園 行列などのハッシュタグでSNS検索すると写真などで混雑ぶりがリアルタイムで分かります。

上野動物園の混雑・時間

上野動物園に行くなら、できるだけ混雑を避けたいものです。
「早くパンダを見たい」と思われる方が多いので、朝一番が混雑します。
昼過ぎまでは混雑のピークです。
この時間を過ぎれば混雑はやや緩和されますが、人気の動物園なので行列は絶えることがありません。
夕方になると、帰宅する人も増えるので若干混雑は解消されます。
混雑を避けるなら、閉園近くがおすすめですが、この時間帯になると、パンダ観覧受付終了が予定より早まることもあるので、公式TwitterやSNS検索などで情報を確認してからのほうが安心です。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道