リゾート・文化施設

ひたち海浜公園・混雑の情報まとめ【2019年、駐車場など】

ひたち海浜公園の混雑・2019年

ひたち海浜公園は、茨城県ひたちなか市にあります。
春はネモフィラ、スイセン、チューリップ、初夏はポピー、バラ、夏はジニア、ヒマワリ、秋はコキア、コスモス、冬はアイスチューリップなど四季折々にたくさんの種類の花が楽しめる国営公園です。
大観覧車を始めとする28種類のアトラクションがある遊園地、林間アスレチック広場、バーベキュー広場など食事、スポーツなど様々な遊びが満喫できる人気の施設です。
2019年のひたち海浜公園の混雑状況は、ネモフィラの開花時期とGWが重なり相当の混雑で、ネモフィラやコキアの開花している姿がインスタ映えスポットとして国内に限らず外国からの観光客も増えています。
春休み、GW、夏休み&お盆時期、コキアのライトアップの8月下旬、コキアが色を変える秋の10月、三連休やシルバーウイークは大混雑することが予想されます。

スポンサーリンク


ひたち海浜公園の混雑状況

ひたち海浜公園は、1991年に開業した国営の都市公園で、最近は春のネモフィラや秋のコキアがインスタ映えスポットとして国内外で人気があって土日は相当混雑しています。
ひたち海浜公園の入場者数は、年間210万人を超え、GWや夏休み期間の土日・お盆時期などは高速道路のICから公園の駐車場まで大渋滞して3時間を超える駐車場待ちが当たり前という状況が続いています。
ネモフィラの開花時期が今年の10連休のGWと重なったためにすごい混雑だったので夏休みに入ったこれからは毎年激混み状態のお盆休み時期や今年は9連休という人も8月10~18日、また、コキアのライトアップが始まる8月23日~9月1日は相当の人出があることが予想されますので、お車で行かれる方は渋滞することを想定していきましょう。
駐車場の状況が分かるツイッターがあるので出かける方は参考にされることがおすすめです。

ひたち海浜公園の混雑・予想

ひたち海浜公園は、四季折々の花々が楽しめるインスタ映えスポットとして国内はもとより海外からのインバウンドまでが訪れて土日は毎週のように大混雑しています。
ひたち海浜公園では、花以外にも28種類のアトラクションがある遊園地、様々なスポーツ施設、バーベキュー広場、レストラン、ショッピングなど楽しめることが満載で一日中いても遊びきれない公園として大人気なので、平日は空いていますが土日は凄い混雑です。
GWは相当の混雑ぶりで開園時間が2時間早くなったので、夏休み期間、お盆時期、コキアのライトアップ期間、10月のコキアの見頃時期には相当の混雑が予想されます。
入園まで3時間以上もかかることが予想されます。
ただ公園内は広いので入園すれば思った以上に快適に過ごせます。

スポンサーリンク


ひたち海浜公園の混雑・GW

ひたち海浜公園は、四季折々の花の他にアトラクションがある遊園地やゴルフコースにBMXコースまで遊びにグルメにショッピングも楽しめ、広い園内ではレンタサイクルやシーサイドトレインが走り大人から子供まで国内外から観光客が訪れて大人気スポットとなっていて特に週末は大混雑です。
GW期間のひたち海浜公園は、毎年大混雑で、この時期はひたち海浜公園の代名詞の1つであるネモフィラの開花時期とちょうど重なることから鮮やかな青い花を求める人達でごった返しています。
今年のGWは、史上最長の10連休ということで連日の大盛況ぶりで、ひたち海浜公園がインスタ映えスポットとして世界に注目されていることあり国内外から観光客が押し寄せ普段は午前9時30分の開園時間が午前7時30分と2時間も早まったのです。

ひたち海浜公園の混雑・夏休み

夏休み期間のひたち海浜公園は、平日でも毎年混雑して、子供は遊園地やレジャー施設で、写真を撮る人は人気のバラやヒマワリ、ジニアに大勢の人で賑わっています。
今年の夏休みは、お盆休みが9連休という人も。
8月10~18日とコキアのライトアップ期間の8月23日~9月1日には相当な混雑が予想されるのでお盆はGWと同様に開園時間が2時間早まり午前7:30からとなりそうです。
駐車場への大渋滞は、高速の出口から3時間以上が予想されるので朝早い時間帯に行かれることをおすすめします。

ひたち海浜公園の混雑・平日

ひたち海浜公園は、春には青いネモフィラ、秋には真っ赤なモフモフ触感のコキアが代表的なインスタ映えスポットして大人気で、花と空と海に溶けあう素晴らしい景色の他にも28種類のアトラクションがある遊園地やスポーツ施設にアスレチック施設もあり、大人から子供までが一日中楽しめる施設と大人気です。
ひたち海浜公園は、平日は土日に比べて空いているので、狙い目は平日だと言えます。
ただし、夏休み期間は子供たちが多く来園することから、家族連れが目立ち、平日でも毎年かなりの人出があります。
夏休み期間やお盆休み以外の平日は、比較的空いているのでゆっくりと花を楽しみたい、インスタにあげたい人には絶好のチャンスです。

ひたち海浜公園の混雑・土日

ひたち海浜公園は、春には花畑が青一色に染まるネモフィラ、秋10月には夏の緑から真っ赤に紅葉するモフモフ手触りのコキアなど四季折々の花々が大人気で国内からの観光客だけではなく海外からも多くの方が訪れて混雑しています。
土日は、週末休みの会社員、特に今はインスタ映えスポットとして有名で若い女性が多く、遊園地があるために家族連れの姿も多く見受けられます。
ひたち海浜公園では、花のピークと言われる時期がGW時期の4月下旬から5月上旬のネモフィラで450万本が咲き乱れて一面が青の世界に、10月のコキアが赤く紅葉する時期と二つのピーク時の土日は大混雑必須です。

スポンサーリンク


ひたち海浜公園の混雑・コキア

ひたち海浜公園のコキアは、和名をホウキグサ、身はとんぶり、畑のキャビアと親しまれていて、公園のコキアは鑑賞用で、春にネモフィラが咲くみはらしの丘に植えられて7月上旬からライトグリーンのコキアは丸く可愛らしい形と柔らかな感触に、9月下旬から10月中旬にかけて紅葉が進み夏の緑色から赤に変わってみはらしの丘を真っ赤に染め上げる姿はまさに絶景で海外からも多くの観光客が訪れます。
春の青いネモフィラと秋の赤いコキアは、インスタ映えスポットとして有名で、GWと10月の時期は大混雑して駐車場待ちの大渋滞が毎年起きています。

ひたち海浜公園の混雑・ネモフィラ

ひたち海浜公園のネモフィラは、2種約450万本が毎年4月の中旬から5月の上旬に見頃を迎えて国内外の観光客や団体バスツアーなど大混雑です。
ネモフィラは、和名を瑠璃唐草、公園内のみはらしの丘が開花時期には一面青一色に染まり、空と海と花の青が溶け合う風景はまさに絶景と言え最近はインスタ映えスポットとして若い女性を中心に大人気です。
ネモフィラの開花時期は、GWと重なるために毎年この時期にはひたち海浜公園ICから駐車場までの道が大渋滞、3時間待ちはざらでこの期間は混雑回避のために開園時間が2時間早くなり午前7:30になります。

ひたち海浜公園の駐車場・混雑

ひたち海浜公園は、公園の面積が約200ha、各所に大規模な花畑があり、四季折々の花が咲き、春にはスイセン、チューリップ、ネモフィラ、夏にはバラ、ジニア、秋にはコキア、コスモスが有名で、7つのエリアに分かれ遊園地やスポーツ、バーベキューなども楽しめる施設でいつも混雑しています。
ひたち海浜公園には、西駐車場2,000台収容、南駐車場2,000台収容、海浜口駐車場350台収容の3つの駐車場があり、それぞれの駐車場から近いエリアや施設が異なるので目的に合わせて選択した方がおすすめです。
西駐車場は、スイセンガーデン、たまごの森、みはらしの丘などを利用の時に便利です。
南駐車場は、プレジャーガーデン、中央フラワーガーデン、ローズガーデンなどを利用の時に便利です。
海浜口駐車場は、バーベキュー広場、グラスハウス、グリーン工房、香りの谷などを利用の時に便利です。
混雑時には、第1第2臨時駐車場もオープンして対応、料金は普通車で510円です。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道