リゾート・文化施設

ヴェルサイユ宮殿・混雑の情報まとめ【時間、回避など】

ヴェルサイユ宮殿の混雑・曜日

ヴェルサイユ宮殿は、世界一の華麗な宮殿と言われ、鏡の間、王の寝室、王妃の寝室、王室礼拝堂、オペラ劇場など目もくらむような豪華絢爛な装飾が施され、広さ800haを超える美しい庭園、豪華な離宮など当時のフランス王室、貴族の栄華が分かる世界遺産です。
当時の姿を一目見ようとする観光客が世界中から訪れて連日大混雑です。
午前9時の開館時間前に入り口に行列ができるのは当たり前、チケット売り場で行列、その後に宮殿入り口で再度行列、しかもこの入り口に並んでいる行列の方が大混雑、1~2時間待ちは覚悟しておいて間違いなし、やっと入っても中や通路も混雑しているのが当たり前という状況です。
ヴェルサイユ宮殿の休館日は、月曜日なので、火曜日から金曜日までの平日は空いているだろうと思うかも知れませんが、この行列は曜日や土日祝日に関係なくいつも混雑しています。

スポンサーリンク


ヴェルサイユ宮殿の混雑・時間

ヴェルサイユ宮殿は、ルイ14世が建てたフランス王政当時の栄華が分かる豪華絢爛な世界一の宮殿と呼ばれる世界遺産、目を見張るきらびやかな内装や装飾を施された室内に加えてフランス随一の噴水を伴う庭園、離れなど見どころが満載で多くの観光客が世界中から訪れている人気のスポットでいつも混雑しています。
混雑している時間は、開館時間が9:00~18:3なのですが、毎日9時前には宮殿入り口やチケット売り場には順番待ちの長い行列ができ、入り口の行列は1~2時間待ちは必至です。
混雑する時間は、午前中一杯まで続き、時間に余裕のある方は午後や夕方から行くのが得策です。
ヴェルサイユ宮殿へは、午前中に多くの団体バスツアーが組まれているので、毎朝の行列はヴェルサイユ宮殿の風物詩になっているそうです。

ヴェルサイユ宮殿の混雑・GW

ヴェルサイユ宮殿の年間入場者数は、約770万人以上、パリから約22kmの場所で、団体の日帰りバスツアーが朝早くから多数観光にきています。
フランスには、GWという日本のような大型連休はないので、日本のGW期間が混雑するかというと、日本からの観光客は増えるが特別混雑するのではなく、連日大混雑しているうちの1週間という感じです。
宮殿の入り口には、月曜日の休館日以外1~2時間待ちの行列はヴェルサイユ宮殿の名物となっているようです。

ヴェルサイユ宮殿の混雑・夏休み

ヴェルサイユ宮殿は、世界一豪華な宮殿と言われ、パリから日帰りで行ける世界遺産として大人気、フランス芸術の最高峰とも言われる宮殿内には豪華絢爛欄な部屋、客間、礼拝堂、オペラ劇場、フランス式庭園の最高傑作と言われる広い庭園と噴水、離れなど、フランス革命の舞台となった場所でもあり、世界中から観光客が殺到して混雑しています。
フランスの学校の夏休みは、7月第1週の土曜日から8月末までの約2か月間と長く、子供達は家族と共にバカンスを長期で楽しむ家庭というのは余りなく、共働きが多くて夏休み期間は祖父母の家で過ごすのが一般的なのでヴェルサイユ宮殿が夏休みだから混雑するということはなくいつもより少し家族連れが増えるという程度なのです。
日本の夏休みとは異なり、フランスでは仕事の状態を見ながら交代で長期バカンスを取るので夏休み期間だから特別混雑するというのは当てはまらないのです。

ヴェルサイユ宮殿の混雑・回避

ヴェルサイユ宮殿の混雑を回避する方法は、観光客のほとんどがオープン時間を狙っているために、午後から行くのが得策です。
ヴェルサイユ宮殿は、とても広いために時間的な余裕のある人は、先に庭園や離れを訪れて午後から宮殿を巡るのがおすすめです。
実は、ヴェルサイユ宮殿の公式ホームページから時間指定のチケットを予約すると行列に並ばなくても優先的に入場ができるのでこの方法が一番回避できます。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道