リゾート・文化施設

尾高高原キャンプ場に関する情報まとめ【混雑、バンガロー、温泉など】

尾高高原キャンプ場の混雑・コロナ対策

三重県菰野町にある「尾高高原キャンプ場」は、標高230mと高い位置にあるので、景色の美しさで評判のキャンプ場です。
バーベキューハウスからは、知多半島や伊勢湾まで見渡すことができ、夜は星空も魅力ですが、四日市・名古屋の夜景を堪能できます。

人工の小川も配置されているので、小さなお子さんでも水遊びを楽しめます。
区画サイトが多いですが、人気のキャンプ場なので、夏休み、連休は予約が取りにくいことが多かったです。

しかし、このコロナ禍においては、いつもとは混雑状況が変わってきています。
予約は取りにくいことはなく、休日でも空きサイトがあることも少なくありません。

また「3密」を避けるため、シャワールームの使用時間の制限、キャンプサイト数の制限をしています。
キャンプ場は開放的な自然の中で過ごすので、比較的混雑することは少ないです。

しかし、炊事場、トイレなどは人が集まりやすくなるので、このような場所ではマスク着用など基本的な感染対策を忘れないようにして下さい。

尾高高原キャンプ場の料金・キャンセル料

「尾高高原キャンプ場」の利用料金は、入場料が大人200円、子供100円かかります。
さらにオートサイト(AC電源つき)5000円、フリーサイトがテント1張り3000円、タープ1張り500円です。

常設テントは、3人用2000円、6人用4000円となっています。
また、デイキャンプの場合は、小学生以上1人400円です。
利用するときは、事前予約が必要で、当日いきなりの利用はできません。

しかし、区画サイトが多いので、当日であってもキャンセル料は発生しません。
天候によって、予定を変更するかもしれない方や急用が発生した場合も安心ですね。

スポンサーリンク


尾高高原キャンプ場のバンガロー

尾高高原キャンプ場には公式HPはなく、菰野町観光協会からの情報が公式情報となっています。

しかし、こちらでは予約時に必要な問い合わせ先程度の情報しかなく、あまり参考にはなりません。
「日本観光振興協会」からの情報によると、尾高高原キャンプ場にはバンガローは4棟あります。

このバンガローは管理棟の上にあり、バーベキュー場と林間テントサイトと並んでいます。

尾高高原キャンプ場の温泉

「尾高高原キャンプ場」から車で15分ほどの場所に「アクアイグニス片岡温泉」があります。
加水、加温、循環なしの100%源泉かけ流し温泉です。

少し硫黄が含まれる泉質なので、神経痛、関節痛、疲労回復などの効果があります。

日帰り入浴可能時間は6時から深夜0時までになっています。
キャンプのあとの疲労回復にぴったりです。

また、車で13分ほどの場所には「三休の湯」があります。
温泉だけではなく、バーベキューやデイキャンプもできる設備のある便利なカフェです。

こちらは、土日祝日のみの営業で、営業時間も11時から20時までと短いので注意して下さい。

尾高高原キャンプ場のブログ

「尾高高原キャンプ場」には公式HPはないので、こちらのキャンプ場を初めて利用しようかと考えている方にとって、ブログは一番の情報収集方法かもしれません。

ブログ紹介1
こちらは、アクセス、料金など必要最低限の情報だけではなく、買い出し場所まであるので、とても参考になると思います。
サイトの選び方もあるので、初めて尾高高原キャンプ場を利用される方におすすめ情報が満載のブログです。

ブログ紹介2
こちらは、尾高高原キャンプ場の予約時の注意点、絶景の夜景の楽しみ方を教えてくれています。

ブログ紹介3
こちらは尾高高原キャンプ場でのキャンプの様子の写真がたくさんあります。

ブログ紹介4
こちらはキャンプでの食事風景と夜景の様子です。こんな風に楽しめます。

ブログ紹介5
お子さんと一緒にキャンプを楽しんでいる様子が分かります。標高が高い分、夜は冷えます。夜の過ごし方も参考にして下さい。

ブログ紹介6
キャンプのあとは、近くの御在所ロープウェイに足を伸ばしてみるのもおすすめです。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道