カーライフ

ベンツ自動車保険に関する情報まとめ【メリット、評判、値段など】

ベンツ自動車保険のメリット

自動車を購入した際、ほとんどの方が加入している任意自動車保険。
万が一の事故のことを考えると加入せずにはいられませんね。

高級車のベンツの場合、一般の任意自動車保険より正規ディーラーで加入できる「メルセデス・ベンツ自動車保険」のほうがより安心かもしれません。
購入時にディーラーで「メルセデス・ベンツ自動車保険」に加入すると便利なうえ、メリットも多いです。

「メルセデス・ベンツ自動車保険」に加入できるのは、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、東京海上日動の4社です。

「メルセデス・ベンツ自動車保険」の最大のメリットは、保険内容に無償でプラスされる「安心プラス」サービスで車両保険を使わず、修理ができることです。

この「安心プラス」サービスで事故の修理をしても、等級が下がることはないので、保険料が増額されることもないのが魅力です。
さらに、自動車に関する全てのことがディーラーに安心して任せることができます。

ベンツ自動車保険のデメリット

では、「メルセデス・ベンツ自動車保険」のデメリットはどのようなことがあるでしょうか。

まずは、契約できる保険会社が、損保ジャパン日本興亜、三井住友海上、あいおいニッセイ同和損保、東京海上日動の4社からしか選択できないことです。

さらにディーラーで加入できる自動車保険の一番のデメリットは、保険料が高くなることです。

また、「メルセデス・ベンツ自動車保険」はサービス内容が多く、自動車保険に精通している方ではないと契約内容の詳細をしっかりと把握することが厳しいです。

ディーラーにお任せにせず、しっかりと保険内容を把握しておきたい方にとってはデメリットになるかもしれません。

ベンツ自動車保険の料金

「メルセデス・ベンツ自動車保険」の料金は、一般的な通販型自動車保険より、保険料は1~3割ほど割高になります。

補償の充実さか費用か、どちらを重視するかによってか「メルセデス・ベンツ自動車保険」かその他の自動車保険を選択するかポイントになります。

どちらのほうにメリットが大きいかが問題になりますね。

スポンサーリンク


ベンツ自動車保険の特約・自転車保険

全国的に自転車による交通事故の増加傾向にあります。

そのため。地域によっては自転車保険を義務化しているところも少なくありません。

新たに自転車保険に加入しようとなると気になるのが保険料です。
単発で加入すると、加入者だけしか補償されないことがほとんどです。

しかし、自動車保険に個人賠償特約をつけることで自転車事故により他人を死傷させてしまったり、物を傷つけたり、破損したりした場合でも自動車保険で対応できる損保会社が多いです。

「メルセデス・ベンツ自動車保険」の損保会社4社でも人賠償責任補償特約、自転車傷害補償特約を付帯することもできます。

この特約は家族の中で誰か一人特約をつけておくと、家族内で使いまわしもできます。
自転車保険の加入を検討している方はご家族の自動車保険に特約を付帯することを検討してみてもいいかもしれません。

ベンツ自動車保険の評判

「メルセデス・ベンツ自動車保険」は、車を購入したディーラーにお任せできるのが安心という声が多いです。
修理はもちろん、万が一の事故の際も担当ディーラーに連絡すれば解決できる安心感は何よりです。

また、保険の知識や契約について自信のない方にとっては、面倒な手続きもディーラーにお任せできるのも魅力となります。
ベンツは高級外車のため、修理できるところが限られてきます。

そのため万が一の事故の際は、修理のための整備工場と任意保険の窓口が一本化できるのも安心点になります。
ディーラー担当者も迅速に対応してくれたという口コミが多いです。

ベンツに長く乗りたいと思われている方は、補償内容や対応サービスがよい、「メルセデス・ベンツ自動車保険」に加入していることが多いです。

一方で保険料が割高になってしまうことが気になるという声も多いです。
評判だけではなく、メリット、デメリットを考慮し、自動車保険の加入を検討することをお勧めします。

sponser link






-カーライフ

© 2021 充実ライフ達人への道