カーライフ

トヨタ自動車保険に関する情報まとめ【メリット、評判、値段など】

トヨタ自動車保険のメリット

自動車保険は、保険代理店から加入するものと思い込んでいませんか。
ディーラーで自動車保険に加入することもできるとは知らなかったという方も少なくないと思います。

今回、トヨタのディーラーで加入できる自動車保険について分かりやすくお伝えしていきます。
トヨタのディーラーで加入できる自動車保険は、クレジット一体型の保険となっています。
トヨタファイナンスのクレジットで車を購入すると入ることができる保険です。
新車だけではなく、中古車でも加入することができます。

このクレジット一体型保険は、あいおいニッセイ同和損保、東京海上日動火災、三井住友海上の3社のいずれかで加入することができます。
トヨタの自動車保険のメリットは、クレジットも自動車保険も毎月定額の支払いであることです。

万が一の事故でも、満期まで保険料は変わらないことです。
相談、手続きなどトヨタディーラーに一本化でき、手続きが簡単なことが大きなメリットです。
毎年の自動車保険の更新手続きも不要なので、面倒なことを避けたい方にはとても便利なものになっています。

トヨタ自動車保険のデメリット

では、トヨタの自動車保険のデメリットはどのようなことがあるでしょうか。
ディーラーで加入できる自動車保険の一番のデメリットは、保険料が高くなることです。

手間がかからないということは、それだけ人件費もかさむので、その分の保険料が高くなりがちです。
保険料を抑えたいという方にはおすすめはできません。

また、ディーラーで扱っている自動車保険は、商品ラインナップがほぼ決まっているので、他社との比較がしにくいことです。
どの保険がいいのかわからない、手続きもお任せしたいという方には便利な保険となっています。
一方で自分でじっくりと考えて、必要なサービスを付帯しようと思っている方にとってはデメリットになるようです。

また、保険加入対象となるのが、クレジット払いのカーローンを組んだ方のみになることです。
一般的にディーラーでのローンは金利が高くなっています。
そのため、わずかな金利の違いでも5年払いのローンでは車体価格の支払い総額が20万円以上高くなってしまうこともあります。

トヨタ自動車保険の料金

トヨタの自動車保険は、2~3年の長期契約になります。

一般的な保険の場合、初年度は等級が高い分保険料も高くなります。
その後無事故であれば、等級が下がり、保険料も安くなっていきます。

トヨタの自動車保険の場合、契約期間毎月一定額の支払いとなり、万が一の事故の場合も契約期間は保険料が変わりません。
事故の場合はもちろんお得になりますが、無事故の場合でも1年契約の一般分割の保険料は10000~20000円ほどお得になることがあります。

スポンサーリンク


トヨタ自動車保険の特約・自転車保険

自転車による交通事故が増えています。

そのため、地域によって自転車保険を義務化しているところも増えています。
自転車保険に新たに加入しようとなると気になるのが保険料です。

そんなとき、わずかな保険料で自動車保険でも対応できる場合もあります。
自動車保険に個人賠償特約をつけることで自転車事故により他人を死傷させてしまったり、物を傷つけたり、破損したりした場合でも保険で対応することができます。

トヨタの自動車保険も個人賠償特約を付帯することができます。
自転車保険の加入を検討している方はご自身の自動車保険に特約を付帯することを検討してみてもいいかもしれません。

トヨタ自動車保険の評判

トヨタの自動車保険は、車のことは全てディーラーにお任せできるのが安心という声が多いです。
修理はもちろん、万が一の事故の際も担当ディーラーに連絡すれば解決できる安心感は何よりです。
初めて自動車を購入される方には高評価となっています。

一方で保険料が割高になってしまうこと、クレジット払いにしなければならないことが気になるという声も多いです。
この割高になってしまう保険料に目をつけて、値引き交渉の材料にすることができる場合もあります。

新車購入時に自動車保険の相場を調べておくと、保険の差額分をオプション装備にまわすことができることもあります。
評判だけではなく、メリット、デメリットを考慮し、自動車保険の加入を検討することをお勧めします。

sponser link






-カーライフ

© 2021 充実ライフ達人への道