カーライフ

日産自動車保険に関する情報まとめ【メリット、評判、値段など】

日産自動車保険のメリット

自動車を購入した際、ほとんどの方が加入している任意自動車保険。この自動車保険は、保険代理店から加入するものと思い込んでいませんか。
意外と手続きが面倒な自動車保険ですが、購入時にディーラーで加入すると便利なうえ、メリットも多いです。

各ディーラーでは独自の自動車保険プランを設定しています。
日産にもそのような自動車保険があります。

日産にはオリジナルの特典がついた「日産カーライフ保険プラン」というものがあります。
通常の自動車保険に加えて、オリジナル補償を無償で受けることができる便利なものです。

万が一の事故の際、ディーラーのサポートがあります。
これは大きな魅力のひとつです。

また事故だけではなく、相談、手続きなど日産ディーラーに一本化でき、手続きが簡単なことが大きなメリットです。

毎年の自動車保険の更新手続きも不要なので、面倒なことを避けたい方にはとても便利なものになっています。
走行中のパンク、いたずらでパンクさせられた時の修理は自己負担1000円で可能、いたずらでの傷の修理も自己負担3000円で可能となります。

また、アラウンドビューモニターなど知能化技術搭載車であれば、フロントバンパーの修理、飛び石によるフロントガラスの交換100000円までなら自己負担30000円で可能といったサービスがついています。

万が一の事故の際も、事故現場に専門スタッフが急行してくれ、事故処理で必要な手続きも対応してくれます。
レッカー移動も距離無制限、無料でしてくれます。

この日産のサービス内容は、他社より充実しています。
損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災、三井住友海上の3社のいずれかで加入することができます。

日産自動車保険のデメリット

では、日産の自動車保険のデメリットはどのようなことがあるでしょうか。
ディーラーで加入できる自動車保険の一番のデメリットは、保険料が高くなることです。

手間がかからないということは、それだけ人件費もかさむので、その分の保険料が高くなってしまいます。
保険料を抑えたいという方にはむいていない自動車保険です。

また、「日産カーライフ保険プラン」は損保ジャパン日本興亜のみが対応していることです。
他の自動車メーカーの自動車保険では複数の損保会社から選ぶことができますが、日産の自動車保険の場合は損保会社を選ぶことができないのです。

また、多くの補償がついていますが、各プランのいずれか1回のみしか利用できない点です。

日産自動車保険の料金

日産の自動車保険の料金は、一般的な自動車保険より、保険料は高くなります。

「日産カーライフ保険プラン」の引受先の損保ジャパン日本興亜の同じタイプの車種に比べると2~3万円ほど割高になります。

補償の充実さか費用か、どちらを選ぶかは自身のメリットによって考えるといいでしょう。

スポンサーリンク


日産自動車保険の特約・自転車保険

近年、自転車による交通事故が増えています。そのため、地域によって自転車保険を義務化しているところも増えています。

自転車保険に新たに加入しようとなると気になるのが保険料です。
単発で加入すると、加入者だけしか補償されないことがほとんどです。

しかし、自動車保険に特約を付帯すると、家族全員が補償される場合があります。

多くの損保会社では、自動車保険に個人賠償特約をつけることで自転車事故により他人を死傷させてしまったり、物を傷つけたり、破損したりした場合でも自動車保険で対応できるようになってきています。

日産の自動車保険でも、個人賠償特約を付帯することもできます。
自転車保険の加入を検討している方はご自身の自動車保険に特約を付帯することを検討してみてもいいかもしれません。

日産自動車保険の評判

日産の自動車保険は、車のことは全てディーラーにお任せできるのが安心、修理の補償も充実しているという声が多いです。
修理はもちろん、万が一の事故の際も担当ディーラーに連絡すれば解決できる安心感は何よりです。

また、保険の知識や契約について自信のない方にとっては、面倒な手続きもディーラーにお任せできるのも魅力となります。
初めて自動車を購入される方には高評価となっています。
一方で保険料が割高になってしまうことが気になるという声も多いです。

また、補償内容も各プランのいずれか1回のみしか利用できない点が不都合を考える方もいます。
評判だけではなく、メリット、デメリットを考慮し、自動車保険の加入を検討することをお勧めします。

sponser link






-カーライフ

© 2021 充実ライフ達人への道