カーライフ

マツダ自動車保険に関する情報まとめ【メリット、評判、値段など】

マツダ自動車保険スカイプラスの引受保険会社

自動車保険といえば、損害保険会社やネット保険のイメージが強いと思います。
マツダ販売店で自動車を購入した方限定で、「マツダ自動車保険スカイプラス」という自動車保険があります。

この保険は、マツダ指定の引受保険会社にマツダ独自のボディリペア・オリジナルサービスを追加したものです。
車両保険を使わなくても、わずかな負担でボディリペアすることができるお得なプランとなっています。

「マツダ自動車保険スカイプラス」の引受保険会社は、三井住友海上、損保ジャパン、東京海上日動の3社になっています。

マツダ保険スカイプラスの料金

「マツダ自動車保険スカイプラス」は、引受保険会社の三井住友海上、損保ジャパン、東京海上日動の3社いずれかの自動車保険に加入することで、マツダ独自のボディリペア・オリジナルサービスを付帯したものです。

「マツダ自動車保険スカイプラス」に加入する場合、マツダの販売店が保険代理店となるので、保険会社からマツダ販売店に紹介料、手数料が発生するので、保険料は1~2割程度割高になってしまいます。
飛び石などの小さな傷の場合、車両保険を使って修理すると、翌年の等級が下がり、保険料が高くなってしまいます。

しかし、「マツダ自動車保険スカイプラス」の場合、車両保険を利用せず、修理費が補償されているので、不可抗力の破損の場合はメリットが大きいです。
1年に1回しか利用できませんが、万が一の修理のことを考えると、不安が少なくなるかもしれません。

マツダ自動車保険の限定危険特約とは

自動車保険の中で、「車対車+限定危険」という特約をつけることができます。
あまり聞きなれない「車対車+限定危険」ですが、これは車両保険で補償する事故を「他の自動車との衝突・接触事故」および「火災、爆発、盗難、落書き、いたずらなど契約の自動車の走行に起因しない事故」に限定する特約です。
補償内容を限定するため、保険料が安くなります。

「マツダ自動車保険スカイプラス」は、独自の保険ではなく、引受保険会社の自動車保険に加入することになるので、それぞれの保険会社では「車対車+限定危険」の特約を取り扱っているので、「マツダ自動車保険スカイプラス」でもこの特約を付帯することは可能となります。

保険料の高さで「マツダ自動車保険スカイプラス」の加入を迷っている場合は、「車対車+限定危険」の特約をつけることも一つの方法です。

スポンサーリンク


マツダ自動車保険・自転車に対して

お子さんも気軽に乗れる自転車。この自転車による重大事故も意外と多いのです。

そのため、自転車保険の加入を義務つける自治体も増えています。
単独の自転車保険に加入する方も多いですが、自動車保険に特約をつけてカバーできる保険もあります。

加入のメリットも多い「マツダ自動車保険スカイプラス」ですが、残念ながら自転車に対する特約はありません。
しかし、引受保険会社に相談することで対応可能な場合もあります。
一度ディーラー担当者にご相談してみて下さい。

マツダ自動車保険の評判

「マツダ自動車保険スカイプラス」は、マツダならではのサービスプランを利用することができます。
一番大きなメリットは、いたずらや飛び石などの小さな修理は車両保険を使わずにできることです。
ちょっとした修理も気軽に利用することができます。

1年に1回しか利用できませんが、車両保険を使わずに修理できるので、翌年の保険の等級が下がることはないし、保険料も上がらないのが大きなメリットです。
また、万が一の事故の際も、ディーラー担当者が適切な対応をしてくれるのも安心です。

保険の知識が少ない方にとっては、このサービスは安心できると評判です。
やはり、その分保険料が割高になってしまうのが、デメリットです。
しかし、顧客満足度の高い保険であることは間違いないです。

sponser link






-カーライフ

© 2021 充実ライフ達人への道