カーライフ

車内でサングラスは必要?収納・置き場などの情報まとめ

車でサングラスは必要?

車の運転中、日差しや対向車のライトがまぶしく感じた経験がありませんか。

朝夕の太陽高度が低い時間帯は、視界に日差しが入り込んでくるので、とてもまぶしくなります。
場合によっては、信号が見えにくかったり、歩行者を気づきにくくなったりします。

夜は対向車のヘッドライトやバックミラーに映る後続車のヘッドライトがまぶしくなります。
また日差しが強くない、薄暗い雨の日でも雨の水分でヘッドライトなどさまざまな光が乱反射するので、とても見にくくなります。
見にくい状態になると、眼精疲労が強まります。

日本人は欧米人に比べたら瞳が黒いので、光に対してまぶしさは感じにくくなっていますが、サングラスを使用することで、光の成分をカットして、見やすくなったり、目が疲れにくくなったりします。

眼精疲労防止のためにも、車を運転するときにはサングラスがあると便利です。

車内のサングラスホルダー

車の運転中の日差しなどのまぶしさ対策に必須アイテムがサングラスです。

目が疲れたとき、まぶしさを感じたときにすぐに取れるよう、サングラスホルダーがあると便利です。
機能的でおしゃれに収納できます。

サングラスホルダーは、大きく分けて、クリップ型、ケース型、トレー型のタイプがあります。

サングラスホルダーの主流は、クリップ型です。
着脱が簡単なだけではなく、固定力も抜群な便利さです。

サンバイザー、フロントミラー、ダッシュボード付近に固定して使用しますが、直接紫外線が当たるので、サングラスが劣化しやすいリスクがあります。

紫外線によるサングラスの劣化を防ぎたいなら、ケース型がおすすめです。
ケースごとサンバイザーにクリップなどで固定して使います。

運転中にも手軽にサングラスのつけ外しをしたいなら、トレー型がおすすめです。
ダッシュボードの上などに固定して使いますが、サングラスだけではなく、小物も置くことができます。

たっぷりと物を置くことができるぶん、大きめサイズになるので、固定できる場所が限られてしまいます。

車でサングラス・夜は?

夜は暗いので、日中のように日差しをまぶしく感じることはないのではないかと考えがちです。

ここ近年、車に標準装備されているライト、ディスチャージヘッドランプは、「より明るく、より環境によい」という利点があり、明るく快適な運転ができるようになりました。

しかし、このディスチャージヘッドランプは、対向車にとってはまぶしくなってしまいます。

夜間のヘッドライトのまぶしさを緩和するために、夜間運転用のサングラスがあります。

通常、夜間サングラスを着用して運転した場合、極端に視界が悪くなっていると、安全運転義務違反に問われることがあります。

消費者庁の過程用品品質表示法では、サングラスは「サングラス」「偏光サングラス」「ファッション用グラス」に分けられています。

夜間に使用に適しているのは、イエローやオレンジ系サングラスで、可視光線透過率が80%以上あるものを選ぶといいです。

さらに調光レンズといって、紫外線の量により可視光線透過率が変化するものであれば、周囲の明るさに合わせて、レンズの色が変化するので便利です。

スポンサーリンク


車内サングラスの収納は?

車の中でのサングラスの収納は、サングラスホルダーを使うのが便利です。

サングラスホルダーもクリップ型、ケース型、トレー型のタイプがあるので、使い勝手や収納場所を考慮して選ぶといいです。
すっきりと収納できるのは、クリップ型です。

コンパクトに収納でき、着脱も簡単です。

クリップ型になっているので、サングラスだけではなく、駐車券などのカードも一緒に収納できるところがおすすめです。

車の中には、駐車券などのカード、小銭などさまざまな小物も多いので、サングラスと一緒に収納できると便利です。

車内のサングラス置き場は?

サングラスは、運転中に取り外しすることがあるので、すぐに手が届くところがいいですね。

サンバイザーやフロントミラーに取り付けたり、ダッシュボードまわりに置いたりしておくと便利です。

運転中にサングラスをよく使用する方の場合、サングラスホルダーを使って、低位置に置いておくと、慌てて探すこともなく、車内も整理整頓でき、便利ですね。

sponser link






-カーライフ

© 2021 充実ライフ達人への道