東京運転免許センターの混雑に関する情報まとめ【日曜、平日、時間帯、駐車場など】

東京運転免許センターの混雑・日曜

東京都内には、運転免許センターと呼ばれる施設が5箇所あります。
運転免許試験場が鮫洲・府中・江東の3箇所と更新のみを行う神田・新宿の運転免許センター2箇所があります。

特に日曜日に免許の更新を行っている鮫洲・府中・江東の運転免許試験場の3箇所では毎週日曜日はすごく混雑しています。

毎週日曜日は、免許の更新を午前中で終わらせてしまいたい人が多いので、午前中の受付と早い時間帯の講習に人が殺到して相当混雑します。

東京運転免許センター(鮫洲・府中・江東)は、日曜日の受付時間が午前8:30~11:00となっています。
早朝から人が押し寄せて駐車場はすぐに満車になります。

施設内は申請書の発行、収入印紙の購入、記載台、適性試験、写真撮影と手続きの場所には行列ができます。
講習が終了すると駐車場から車を出すのも一苦労という混雑状況です。

3つの中でも特に府中運転免許試験場が一番混雑しています。

東京運転免許センターの混雑・平日

東京運転免許センター(鮫洲・府中・江東の運転免許試験場)の平日は比較的空いています。
朝早い時間の講習を受けようとする人が多いため、早朝は混雑します。
その時間を避けると徐々に空いてきて午後からはかなり空いています。

東京運転センターの休業日は、土曜日・祝日・年末年始(12/31~1/3)です。

平日は基本的に空いていますが、平日でも連休明けの月曜日、連休前の金曜日、3連休(土日祝日)明けの火曜日、GWなどの大型連休が終わった平日、お盆時期の平日、1月4日は平日でも混雑が予想されます。

東京運転免許センターの混雑・駐車場

東京都内で日曜日に免許の更新ができる免許センターは、鮫洲・府中・江東の3つの試験場だけなので、駐車場の有無や混雑状況が気になる方が多いと思いますので紹介します。

鮫洲運転免許試験場の駐車場は、試験場の建物に隣接する立体駐車場があり、料金は無料で約200台が収容可能ですが、日曜日は朝早くからすぐに満車になってしまいます。

府中運転免許試験場の駐車場は、2つありいずれも料金は無料、西側駐車場は160台・東側駐車場は60台が収容できますが、日曜日は朝早くからすぐに満車になってしまいます。

江東運転免許試験場の駐車場は、運転免許試験場の来庁者用の駐車場はないので周辺の有料駐車場を利用するようにおすすめします。

3箇所とも周辺には有料駐車場が多数あるので混雑時にはそちらを利用することをおすすめします。

東京運転免許センターの混雑・時間帯

東京運転免許センターと呼ばれる施設は、都内に5箇所あり、その中でも日曜日の更新時講習ができる鮫洲・府中・江東の運転免許試験場は毎週大勢の人が訪れ大混雑しています。

東京運転免許センター(鮫洲・府中・江東)の日曜日は、年間を通していつも混雑しますが、特に混雑する時間帯は午前中の受付時間8:30~11:00に集中し、特に朝の早い時間帯の講習に間に合わせようとする人で早朝から施設内はごった返しています。

日曜日でも午後からの受付時間13:00~15:00ならば比較的空いています。

平日では、午前10時頃までに更新者が集中してそれを過ぎるとかなり空いてきます。

時間帯別に見ると、午前中の受付時間と朝早い時間の講習を受けようとする人達で混雑しますが、午後からは更新者がかなり少なくなります。

東京運転免許センターの混雑予想

東京運転免許センターの中で、日曜日に免許の更新ができる施設は鮫洲・府中・江東運転試験場の3箇所なため、毎週日曜日はいずれも大混雑です。

東京運転免許センターの混雑予想は、3箇所とも毎週日曜日は年間を通して混雑しています。
特に混雑するのは午前中の朝の早い講習を受けようとする人で駐車場の空き待ちをする渋滞ができます。

施設内も申請書の発行、収入印紙の購入、記載台、適性検査、写真撮影と行列が続き、講習が終わると駐車場から車を出すのにも時間がかかります。

その中でも、毎月最初の日曜日はかなりの激混みです。

平日では、比較的空いていて午前中の10時を過ぎた頃からはかなり空いています。
ただし、3連休(土日祝日)明けの火曜日、連休前の金曜日、GWなど大型連休が明けた平日、8月のお盆時期、年始の1月4日は平日でもかなりの混雑が予想されます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました