リゾート・文化施設

貴船川床に関する情報まとめ【おすすめ、料理、宿泊など】

貴船川床のおすすめ

貴船川床とは、京都の奥座敷である貴船の渓流の上に桟敷を設けて、床下に冷たい渓流が流れて手を伸ばせば水に触れられて、しかも渓流の上にあることから風がマイナスイオンとなりまるで天然のエアコンの中にいて食事が出来る場所で、5月1日~9月30日までの期間で営業しています。

貴船には9軒の川床が営業していて川床で食事をする時には必ずどのお店も予約が必要になります。
お料理は、各お店によって異なりますが、メインの料理は鮎や京都野菜を使った会席料理が中心です。

おすすめのお店は、貴船で最大の川床のお店で、温泉もあって宿泊も出来る「貴船べにや」です。
貴船べにやはでは、夏の川床ミニ会席が4,100円からあり、6月限定の夏の川床御膳5,200円、5・6・9月限定夏の川床会席7,800円などを始めとする様々なコースがあります。
住所は、京都市左京区鞍馬貴船町17-2、予約の電話は075-741-2041です。

貴船川床の料理

京都の川床は、桃山時代から暑気払いとして始まり、毎年5月1日~9月30日にかけて鴨川沿いと貴船川に多くの川床が設置されています。
鴨川の桟敷は高床で略して床または納涼床と呼ばれ、貴船の川床は貴船川の上に床が設置されるので天然のエアコンとマイナスイオンを感じることができると評判です。

貴船の川床の料理は、それぞれのお店によって内容や料金が異なり、また人気があるので川床で食事をする方は予約をするのが必須となります。

川床料理と呼ばれる会席料理が貴船川床では、名物となっていて御膳では3,000円~、昼のランチでは4,000円程度~、夜には本格的な京都の会席料理7,000円~20,000円を超えるものまでと幅広いラインナップを各お店でご用意しています。

その涼しい川床をいかしたソーメンや流しソーメン、鮎の塩焼き・鮎の笹焼きとソーメンのセットの他にもしゃぶしゃぶやすき焼きを用意しているお店もあります。

スポンサーリンク


貴船川床のランチ

貴船川床とは、京都の奥座敷と呼ばれる京都市左京区鞍馬の貴船川の上に川床を設置して渓流を手や肌で直接感じることができる場所で、四季折々の旬な食材を使った様々な料理を堪能できると夏の京都の名物となっています。

特に夏の時期には、鮎や鱧といった魚料理や京野菜をふんだんに使った川床料理と呼ばれる京都の代表的な会席料理をランチやディナーで楽しめます。

ランチでは、会席料理の他にもソーメンと鮎の塩焼きや鮎の笹焼きとのセットや予約をすると流しソーメンを味わうこともできます。
氷の器にソーメンやお造りが盛られて涼しさに輪をかけて風情を味わうことができます。

ランチでは、お店によって会席料理よりもリーズナブルな値段でお弁当や御膳を味わうこともできます。
貴船の川床では、料理旅館が経営しているお店も多いので、宿泊も可能で温泉もあり評判になっています。

スポンサーリンク


貴船川床のツアー

夏の京都の風物詩とも言われる貴船の川床は、京都市内から車で約50分、蒸し暑い京都盆地よりも約5~10度ほど涼しいそうで、しかも清流と緑に囲まれた天然のクーラーとマイナスイオンを感じながらの食事が堪能できるので各旅行会社では日帰りや宿泊のツアーを組んでいて大評判になっています。

京都中心部の鴨川沿いの納涼床と並んで有名である、京都の奥座敷と呼ばれる貴船の川床は、貴船川の川沿いや川の真上に設けられているために、涼しい水とマイナスイオン、その風情を楽しみながらの本格的な会席料理や流しソーメン、鮎の塩焼きや鮎の笹焼き、しゃぶしゃぶやすき焼き、京野菜の鍋などを堪能することができます。

夜にはライトアップされて運がよければ蛍を見ることも、そのため各旅行会社ではバスを使った日帰りツアーや宿泊付きのツアーを行っています。

貴船川床の宿泊

毎年5月1日から始まる京都の夏の風物詩とも呼ばれる川床は、鴨川の納涼床「ゆか」と京都の奥座敷と呼ばれる貴船の川床「かわどこ」は夏の京都を代表する観光スポットです。

貴船の川床は、京都中心部から車やバスなどで約1時間、賀茂川の源流とされる貴船川の真上や川沿いに設置した川床でいただける川床料理やソーメン、鮎や鱧などを味わいながら暑い京都の夏を涼しい場所で過ごせて食事ができると大評判です。

貴船川の川沿いに建てられた料理自慢の和風旅館では宿泊することが可能で、貴船川のせせらぎを聞きながら四季折々の京都の会席料理を堪能できます。

sponser link




-リゾート・文化施設

© 2022 充実ライフ達人への道