リゾート・文化施設

造幣局の桜の通り抜け・混雑に関する情報まとめ【駐車場、交通規制、回避など】

造幣局の桜の通り抜け・混雑状況2019

大阪造幣局の桜の通り抜けは、普段予約制の工場見学以外では造幣局への一般開放はされませんが、明治16年(1883年)から毎年桜の開花時期にあわせて1週間限定で一般開放されて約560mの中に約130種、約350本の桜が咲き大阪府内1位の人気があるお花見スポットとしてこの期間は凄く混雑します。
2019年の混雑状況は、桜の通り抜けの開催期間は4月9日(火)~15日(月)の時間は平日10:00~21:00、土日9:00~21:00、約70万人の人出で朝からライトアップされる夜9時まで大混雑していたのです。
開催期間が、1週間と短いために期間中は人であふれかえり、特に土日は道幅一杯に人でぎゅうぎゅうの大混雑で歩くにもやっとという状況です。
日帰りバスツアーのお客さんや外国人観光客、仕事帰りにライトアップされた夜桜見学で昼夜問わずに人・人・人という状況です。

スポンサーリンク


造幣局の桜の通り抜け・混雑具合

造幣局の桜の通り抜けは、毎年約70万人が訪れる大阪府内1番のお花見人気スポット、約560mの道の両側にソメイヨシノや八重桜など130種の品種が多彩に咲き誇る、1週間限定の開放ということで毎年開催期間は大混雑です。
今年の混雑具合は、開催期間4月9日(火)~15日(月)の間は平日も土日も関係なく大混雑、特に土日は平日に比べても混雑して中々前に進めないほどの混雑具合です。
混雑のピーク時間は、昼前後から昼過ぎにかけて1番混雑するので、混雑を避けたい人には朝一番の平日午前10時・土日午前9時がおすすめです。
日没後には、ライトアップされて夜桜が楽しめるために仕事帰りの人達で一杯になります。
バスツアーの観光客も多く、外国人の姿も見かけ、周辺は交通規制もされます。
門の入り口から行列が続き、道の中で写真を撮る方が多く中々進まずに公衆トイレも常に満杯という混雑具合です。

造幣局の桜の通り抜けの混雑・駐車場

大阪造幣局の桜の通り抜けは、普段予約制の工場見学しかできない造幣局の本局構内の通路約560mに約130種の他ではなかなか見ることが出来ない貴重な品種の桜も鑑賞できると大人気のお花見スポットで例年約70万人の大阪で1番の人出で1週間の開催期間は混雑します。
桜の通り抜け会場には、駐車場はなく、開催期間は交通規制も行われるために、お花見に行く方には、JR東西線大阪天満宮駅・地下鉄京阪電鉄天満橋から徒歩約15分なので公共交通機関を使うのがおすすめです。
桜の通り抜け開催に合わせて、臨時駐車場などが設置されることは無いので、お車でお越しの方には、周辺に多数ある有料の駐車場を利用されることをおすすめします。

造幣局の桜の通り抜けの混雑・交通規制・2019

造幣局の桜の通り抜けは、明治16年から続く大阪春の風物詩、毎年桜の開花時期に1週間の期間限定で一般開放する約130種の桜が約560mに渡り咲き誇り、期間中は大勢の見物客で大混雑です。
造幣局の桜の通り抜けは、例年約70万人の人出があり、周辺は交通規制が実施されます。
2019年の開催期間は、4月9日(火)~15日(月)、時間は平日10:00~21:00、土日9:00~21:00、期間中交通規制は毎日・終日実施で、桜の通り抜け入り口周辺は広範囲で車両通行禁止、天満橋は車線規制および混雑時に歩行ルートを指定、東天満交差点の東へ国道1号線沿いは駐停車禁止区域になります。
お車で行かれる方、期間中造幣局周辺に行かれる方は、交通規制が終日実施されるので注意が必要です。

造幣局の桜の通り抜けの混雑・回避

造幣局の桜の通り抜けは、毎年約70万人が訪れる大阪1番の人気花見スポット、造幣局が1週間の期間限定一般開放に、夜にはライトアップと期間中は約560mの通路にお花見客で大混雑しています。
桜の通り抜け期間は、特に土日は大混雑、平日に比べて倍近くの人出があり、また、特に混むのは初日と最終日、混雑回避には初日と最終日を避けた平日がおすすめです。
混雑回避時間帯としては、平日・土日関係なく開門直後が狙い目、平日は午前10時、土日は午前9時が比較的空いていて、昼時とライトアップされる夜もさけて午後3~5時も狙い目です。
混雑する場所は、入り口付近と今年の桜という2ヶ所が特に混雑、写真を撮る人が多いのでその場所を避けると比較的流れに乗り進みます。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道