リゾート・文化施設

沼影市民プール・混雑に関する情報まとめ【口コミ、場所取りなど】

沼影市民プールの混雑・予想

沼影市民プールは、埼玉県さいたま市南区沼影公園にある屋内・屋外の両方がある市民プールです。
年間を通じてオープンしている屋内プールの他に夏期限定の屋外プールには流水プール、スパイラルスライダー、スライダープール、子供プール、幼児プールなどがあります。
大人430円、小・中・高校生210円、幼児無料というコスパの良さもあって夏場は大混雑しています。
2019年の沼影市民プール夏季屋外プールの公開日は、7月6(土)7(日)13(土)14(日)15(月・祝日)19(金)~31(水)8月1(木)~27(火)31(土)9月1(日)の47日間、夏休み期間・お盆期間とかぶるために子供達や家族連れで連日混雑が予想されます。
営業開始は、午前9時からですが、10時を超えると無料の駐車場が満杯で入れないこともあります。

スポンサーリンク


沼影市民プールの混雑・駐車場

沼影市民プールは、さいたま市沼影公園内にある年中泳げる25mの屋内プールと夏期限定でオープンする屋外プールがあります。
屋外プールには全長100m・2レーンあるスパイラルスライダー、全長20m・3レーンのスライダープール、1周260mの流水プール、子供プール、幼児プール、貝殻型幼児プールの他に本格的に泳がれる方用の6本のコースがある25mプール(屋内)、8本のコースがある50mプールがあります。
大人から子供までに大人気で特に夏場は連日大変な混雑をしています。
沼影市民プールの駐車場は、北側50台と南側80台の計130台が収容可能です。
駐車料金は無料で、土日祝日はいつも朝から満車状態、午前10時には満車になることも多いので、お車で行かれる方には朝早くオープン前の午前9時前に行かれることをおすすめします。
沼影市民プールの周辺には、有料の駐車場も多数あります。

沼影市民プールの混雑・口コミ

沼影市民プールは、さいたま市南区沼影公園にある市営のプール、1年中オープンしている25mの屋内プール、夏期期間のみオープンするスライダープールや流水プール、50mプールなど多数あり、冬季はスケートリンクとして営業と1年を通して遊べる施設で大人気、特に夏場は夏休み期間と重なることから連日大混雑です。
プールの料金は、大人430円、小・中・高校生210円、幼児無料と安く、この値段で全長100mあるウォータースライダーが乗り放題とコスパが良いとの口コミが多数、持ち込みOKということで食料品の持ち込みもOK、空いている場所にテントを立てて場所取りOKと口コミの評判も良いのです。
口コミでは、1回50円の有料ロッカーが1度開けるとまた料金がかかるとそこが少し不満という情報もあります。

沼影市民プールの混雑・場所取り

沼影市民プールでは、屋根付きのベンチエリアはあるのですが、数に限りがあるので朝イチですぐ取られてしまいます。
階段下には日陰を求めるシートで多数の場所取りがされます。
テントでの場所取りは流水プール、出入り口周辺、売店のそばなどと幅広く置かれています。

沼影市民プールの混雑・回避

沼影市民プールは、さいたま市にある市営プール、料金が大人430円小・中・高校生210円と安い割には夏季限定オープンする流水プール、スパイラルスライダー、スライダープールなどコスパ最高と評判で、テントで場所取り、チケット売り場も行列で、駐車場もすぐ満杯になります。
売店も行列、有料ロッカーも埋まるという状態が夏場は連日という混雑ぶりです。
沼影市民プールの混雑回避方法は、営業時間は9:00~17:30、特に土日は大混雑なので平日が少しおすすめですが、オープン期間はいつでも混雑しています。
営業時間前の午前9時前に行き、複数人の場合運転手は無料駐車場に並び、他の人はチケット売り場に並ぶことが1番の混雑回避方法です。
チケット売り場に行列ができるので、何度も行かれる方はあらかじめ回数券(11回券)を購入するとその分行列に並ばなくてよくなり、また、昼に帰られる方も多いので午後から行くのも狙い目です。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道