リゾート・文化施設

天然温泉 ホテルパコ函館に関する情報まとめ【食事、レストラン、温泉など】

天然温泉 ホテルパコ函館の食事

「天然温泉 ホテルパコ函館」は、JR函館駅より徒歩10分ほどの場所に位置しています。
はこだてライナーで新函館北斗駅へのアクセスも便利で、函館市内観光の拠点となるホテルです。

部屋も充実しており、ビジネスで一人での利用や家族旅行やレジャーなどさまざまな目的で利用できるようになっています。

また、名前の通り、天然温泉が引かれており、体も心も癒されるホテルです。

この「天然温泉 ホテルパコ函館」の魅力の一つが食事です。

別邸の板前料理「旬」では、函館だけではなく、北海道全域の新鮮な食材を盛り込んだものとなっています。

新鮮な海の幸を使ったお刺身、焼き物、丼物、ボリューム、栄養バランスの取れた定食、豚串、ザンギなどのおつまみなどがあります。

天然温泉 ホテルパコ函館のレストラン

「天然温泉 ホテルパコ函館」には、本館1階に「グラン・フォレスト」、別亭に「板前料理 旬」の2つのレストランがあります。

「板前料理 旬」は、以前は「食いどころ はら田」でしたが、「板前料理 旬」とリニューアルされました。

それぞれに夕食・朝食を楽しむことができます。

夕食は単品メニューとなっていますが、朝食はビュッフェスタイルとなっています。

スポンサーリンク


天然温泉 ホテルパコ函館別邸の温泉

「天然温泉 ホテルパコ函館別邸」の温泉は、天然温泉です。

この天然温泉「はこだて大森の湯」の泉質は、ナトリウム塩化物強塩泉です。
湯冷めしにくく、神経痛、関節痛、五十肩、筋肉痛などに対しての効能があります。

男性、女性とも露天風呂には源泉かけ流し風呂があります。
大浴場には気泡風呂やサウナもあります。

家族で楽しめる家族風呂もありますが、こちらは温泉ではなく沸かし湯となっていて、お好みの湯温で楽しむことができます。
さらには、あかすり、スパエステ、ボデイケア、フットケアのリラクゼーションも充実しています。

こちらの温泉は宿泊者のみではなく、日帰りで利用することもできるようになっています。

利用時間は、宿泊のお客様は13時から22時、日帰りのお客様は13時から深夜2時までとなっています。

宿泊のお客様は無料で利用できますが、日帰り利用のお客様は大人1100円(税込)、小学生450円(税込)で利用できます。

アメニティも充実していて、浴場にはボディソープ、シャンプー、リンスがあります。
女性脱衣室にはスキンローション、乳液など、男性脱衣室にはアフターシェーブローション、ヘアトニック、ヘアリキッドなど完備されていて、手ぶらでの入浴もできます。

天然温泉 ホテルパコ函館別邸の朝食

「天然温泉 ホテルパコ函館別邸」では、朝食は1階の「板前料理 旬」で食べることができます。

利用時間は6時30分から可能なので、早めの出発でも利用できるので、旅行客の方に好評となっています。

和洋食のビュッフェスタイルとなっていて、約40品が並びます。
日替わりメニューもあるので、連泊のお客様も飽きずに食べられると喜ばれています。

おすすめは、お好みの具材をのせて作る海鮮丼です。

イカ、サーモンだけではなく、塩辛や松前漬けなどもトッピングするのもオツです。
日替わりのお惣菜もひじき、切干大根、里芋やカボチャの煮つけなど充実しています。
汁物も豚汁、シジミ汁、なめこ汁など毎日違うのもポイントです。

洋食ではフランスから取り寄せるパン3~4種類、ソーセージ、スクランブルエッグ、ベーコン、サラダバーや函館牛乳、コーヒー、フレッシュジュースなど充実しています。

特にパンは、バルミューダ社製のトースターがあり、焼いて食べるとバターや小麦の香りが引き立ち、より美味しくなります。
コーヒーはふた付カップになっているので、そのまま持ち帰りできるものうれしいところです。

天然温泉 ホテルパコ函館別邸 和洋室

畳の部屋もある和洋室は、13階、14階にあります。
定員は5名となっていますが、ベッドは2台なので、5名での利用の場合は、ベッド2台、和室に布団2組、ソファベッド1台での利用となります。

ソファやダイニングテーブルなどの家具が完備されていて、ゆったりとくつろぐことができる部屋となっています。

こちらの部屋は全室禁煙となっているので、喫煙される方は注意して下さい。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道