リゾート・文化施設

ぐんまフラワーパークに関する情報まとめ【アクセス、割引、混雑など】

ぐんまフラワーパークのアクセス

ぐんまフラワーパークは、群馬県前橋市柏倉町にある総面積18.4haの群馬県立植物園です。
年間を通じて花に囲まれており、年7回の花まつりや体験教室などイベントも開催されています。

園中央部にある高さ18mの展望台からは、赤城山や関東一面の景色を楽しめます。
フラトピア大花壇では、季節ごとに花壇の模様替えがあり、春には20万球のチューリップは見ものとなります。

ぐんまフラワーパークへのアクセスは、車のほうが便利です。
関越自動高崎ICから伊勢崎方面へ約40分、赤城ICから前橋・赤城方面へ約30分、北関東自動車道伊勢崎ICから前橋・渋川方面へ約30分となります。

電車の場合は、JR両毛線前橋駅下車後、連結バスで上毛電鉄上毛線前橋駅まで移動し、大胡駅で下車します。
その後デマンドバスを利用するか、タクシーを利用するかになります。

ぐんまフラワーパークの割引

ぐんまフラワーパークの入園料は、時期によって異なります。
入園料は、中学生までは無料、大人は、4月から6月までは700円、7月から12月、1月から3月まで600円となっています。

公式サイトから入園100円割引券を入手することができます。
割引券を印刷して、チケット売り場に提出すると、割引券1枚で4名まで利用することができます。

GWやクリスマス期間の混雑時でも利用できます。
誰でも簡単に手に入れることができる割引券なので、ぐんまフラワーパークにお出かけされるときは、忘れないようにされるといいですね。

入園割引券はこちら

スポンサーリンク


ぐんまフラワーパークの混雑

ぐんまフラワーパークは、GWや冬季のイルミネーションの時期は、混雑します。

平日はそうでもありませんが、土日祝日、クリスマス期間、10月28日の群馬県民の日にはとても混雑します。

混雑する時期は、ぐんまフラワーパークに向かう手前、6㎞ほどの国道50号の小島田町交差点までになることもあります。

普段は、園うちの無料駐車場を利用できますが、混雑する時期は周辺に500円程度の駐車場が出現します。

渋滞に巻き込まれないようにするには、有料駐車場を利用したほうが便利です。

スポンサーリンク


ぐんまフラワーパークのイルミネーション

ぐんまフラワーパークでは、毎年11月中旬から1月中旬まで、日没から21時までイルミネーションが点灯されます。

多くのイルミネーション会場では、昼夜入れ替えで、夜間の入場料が別となっているところが多いですが、ぐんまフラワーパークでは、入れ替えはなく、通常の入園料のみでキレイなイルミネーションを楽しむことができます。

園中央部では、プロジェクションマッピングも行われているので、大勢の観光客が来場します。

また、園内になるぐんまの池では水上レーザーショーもあります。
光と水のコラボレーションも見ごたえがあります。

広い園内を利用したさまざまな光のアトラクションがあります。

ぐんまフラワーパークは赤城山の麓にあるので、イルミネーションを散策していると、かなり体が冷えてきます。
そんなときは園内の温室に入って、体を温めるのもおすすめです。

運営状況は事前に公式HPでご確認ください。

公式HPはこちら

ぐんまフラワーパークに犬を連れていってもいい?

ぐんまフラワーパークでは、愛犬を一緒に入園することができます。

犬1頭につき、200円を払い、エチケットセットをもらいます。
このエチケットセットを活用して、フンの始末はきちんとすることがマナーです。

犬も一緒に入ることができる公園ですが、他のお客さんに迷惑をかけないようにすることが大切です。
犬が苦手な方もいるので、しっかりとリードを持ち、離さないようにして下さい。

また、花壇や池の中に犬を入れないように注意して下さい。

基本的には園内の温室やレストランなどの室内施設には、犬と一緒に入ることはできません。

しかし、レストランのテラス席なら犬を一緒に利用することができます。

また、レストランで、犬用のおやつ「ミルクとビスケットセット」も販売されているので、テラス席で愛犬を一緒におやつを楽しむことができます。

sponser link




-リゾート・文化施設

© 2022 充実ライフ達人への道