リゾート・文化施設

高尾山・混雑に関する情報まとめ【状況、予想、回避など】

高尾山の混雑状況

高尾山は、ミシェランの三ツ星を獲得した世界一の登山者数を誇る山、桜、新緑、紅葉、初日の出を見る登山客で土日、GW、夏休み、紅葉シーズン、お正月などは大変混雑します。
高尾山の混雑状況は、土日祝日はいつも混雑、特に春・夏・冬休みの始まった最初の土日、GW、8月の上旬からお盆までの時期、11月中旬から下旬の紅葉が見頃な時期は平日・土日関係なく、初詣・正月三が日、節分、冬至の時期はとても混雑しています。
混雑のピークの時間は、登りは午前9時から11時、下りは15時以降が混雑します。
週末や混雑する期間に車で行かれる方には、午前8時前に駐車場に行かなければまず停めることはできないです。
混雑時は、高尾山へ向かう電車、高尾山口駅、駅のトイレ、高尾山のトイレ、登山道、ケーブルカーやリフト、山頂、売店、食堂(そば屋)などに行列ができます。

スポンサーリンク


高尾山の混雑予想

高尾山は、標高599m、都心からのアクセスも良く、山頂まで整備された登山道、ケーブルカーにリフトと誰でも気軽に登山を楽しめるので土日祝日はいつも混雑しています。
高尾山の混雑予想は、基本土日祝日や3連休はいつも混雑、毎年初日の出を見に来る登山客で山頂は大混雑、これは3が日まで続き、2月の節分も混雑、GWは連日混雑、夏休み期間の土日やお盆時期は混雑、11月の初旬の土日と中旬から下旬にかけての紅葉シーズンは平日・土日関係なく1年で最も混雑、12月下旬の冬至の時期にはダイヤモンド富士を見に来る人で混雑が予想されます。
混雑する場所は、高尾山口駅、高尾山口駅のトイレ、ケーブルカー清滝駅、ケーブルカー・リフト共に相当な待ち時間必須、登山道特に1号路、薬王院、山頂、山頂付近のそば屋や売店、ケーブルカー高尾山駅(下りのお客さん)は混雑します。
駐車場には、朝早くから駐車場待ちの列ができ周辺の道路は渋滞します。

高尾山の混雑・駐車場

高尾山は、都心から約1時間というアクセスの良さと標高599mで登山道が綺麗に整備され、ケーブルカーやリフトもあるので気軽に登山やハイキングが楽しめると大人気、ミシェランの三ツ星に輝いた世界一の登山客が訪れるので土日祝日などはいつも混雑しています。
高尾山の駐車場は、大きなものは2つ、高尾山口駅の八王子市営山麓駐車場と高尾山薬王寺祈祷駐車場で、混雑時には周辺の民間人が臨時駐車場を、京王線の高架下や氷川神社が臨時駐車場になります。
八王子市営山麓駐車場は、普通車83台、24時間営業、料金は30分150円、12時間最大平日800円・土日祝1,000円です。
高尾山薬王寺祈祷駐車場は、普通車250台、8:00~16:00営業、料金は500円です。
いずれも混雑時には、朝早くから行列ができてあっという間に満車になります。

高尾山の混雑・時間帯

高尾山は、東京都八王子市にある国定公園、平成19年に富士山と並んでミシェランの三ツ星に指定された素晴らしい山、登山道ルートは整備されて約1時間30分で登れます。
ケーブルカーやリフトで海抜472mまで登ることもできるので気軽に登山やハイキングが楽しめると大人気で週末や連休、GW、夏休み、紅葉シーズン、お正月などはいつも混雑しています。
高尾山が混雑する時間帯は、基本的に高尾山には入山規制は無くいつでも登れるのだが午前9時から11時が登りの混雑、下りは13時~16時までが混雑します。
特に山頂付近には、11~14時はピークを迎え、景色は見えない、売店や食堂に入れないこともあります。

高尾山の混雑・回避

高尾山は、登山者数世界一の山、都心から約1時間のアクセスの良さと1時間30分ほどで山頂まで登れ、ケーブルカーやリフトも整備されているので、GW、夏休み、紅葉シーズン、お正月などはとても混雑しています。
高尾山の混雑回避方法は、平日に行かれること、紅葉シーズン以外の平日は空いています。
朝早い時間帯、始発等で電車に乗り8時前に高尾山口駅に到着できればケーブルカーの始発8時に間に合いますし、登山道もそれほど混雑していないはずです。
車で行かれる方は、朝8時前に行かないと駐車場に停めることはできないので朝早くに行くことです。
登山道で1番人気のあるのが1号路、このルートを避け6号路や稲荷山コースは意外に空いていますし、ケーブルカーやリフトで1時間以上も待つのなら登山道を使うのが早い場合もあります。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道