リゾート・文化施設

羽田空港の駐車場・混雑に関する情報まとめ【ライブカメラなど】

羽田空港駐車場の混雑状況・リアルタイム

羽田空港は、東京都大田区の多摩川河口左岸にあり、1931年(昭和6年)、日本で最初の国営の民間飛行場として開港されました。戦後は一時、連合国最高司令官総司令部(GHQ)に撤収されましたが、1952年(昭和27年)、東京国際空港として再開しています。
1978年(昭和53年)、成田国際空港開港まで、日本の表玄関として機能していました。
成田国際空港は、アクセスの不便さなどの問題があるため、利便性に優れた羽田空港が、2010年(平成22年)再度国際空港化となりました。
羽田空港は、国内線、国際線問わず多くの航空機が離発着するため、駐車場も非常に混雑します。
そのため、駐車場の混雑回避できるよう、リアルタイムに駐車場の混雑状況がわかるようなアプリ、iPosNetなどがあります。
駐車場の行き方、駐車料金の情報とともに、空車、混雑、満車と分けて、混雑状況をリアルタイムで表記しているので、どの駐車場に行けばいいか分かりやすくなっています。

スポンサーリンク


羽田空港駐車場の混雑状況・ライブカメラ

羽田空港国内線駐車場の第2駐車場(P2)、第3駐車場(P3)の現在の駐車状況は、ライブカメラ映像で確認することができます。
このライブカメラでは、駐車場の空き具合だけではなく、駐車場前の混雑状況も知ることができます。
ライブカメラ映像から駐車場前が混雑している場合は、すぐに満車になってしまう可能性が高いです。
そのため、ライブカメラ映像の情報から早めに次の対策を考えることができます。
ライブカメラの映像はこちら

羽田空港駐車場の混雑状況・土曜日

羽田空港を利用するとき、一番不安なことは駐車場の混雑状況です。
時間に余裕を持って出かけても、駐車場が満車で間に合わなかったなんてこともあるのです。
空港の駐車場は、テーマパークなどとは違い、しばらく待てば空きがでるということは少ないのです。
旅行などのため数日間駐車していることも少なくないので、駐車場の空きを見つけることが難しいのです。
特に土日の休みを利用しての旅行が多いので、土曜日は駐車場の混雑が目立ちます。
予約せず、駐車場を利用するのであれば、22時~6時の深夜・早朝の時間帯であれば、確実に駐車できます。
しかし、それ以外の時間であれば、空港駐車場だけではなく、隣接する民間駐車場でも混雑しています。

羽田空港駐車場の混雑状況・予想

羽田空港には、P1、P2、P3、P4の4か所、合計10000台駐車可能な駐車場があります。
土日、祝日は混雑していますが、特にGWの初日、夏休みが始まった週の土日、8月上旬から15日ごろは混雑が目立ちます。
夏休み期間であっても、梅雨のシーズンの7月中旬から下旬、8月下旬の平日は比較的空いています。
また、混雑のピークの時間帯は、出国の保安検査に間に合わせるための7時~8時ごろです。
混雑が予想される日は、6時までには駐車場に到着するようにしておくといいです。
土日、平日問わず、夕方17時以降の時間帯では混雑は緩和されています。

羽田空港駐車場の混雑状況・国際線

羽田空港国際線を利用する場合は、第3ターミナル駐車場が便利です。
3000台駐車できますが、やはり土日祝日、GW、夏休み、年末年始は混雑します。
混雑が予想される時期に駐車を予定している場合は、予約しておくと安心です。
駐車場の予約は、30日前から可能で、最長20日間予約できます。
しかし、出発日が土日祝日、GW、夏休み、年末年始の場合、30日前でも時間差の予約で、すでに満車になっていることもあります。
第3ターミナル駐車場だけではなく、少し離れますが、P1~P4の駐車場の空車を確認してみましょう。
それでもなければ、当日朝6時前に駐車場に入れば空きがある可能性があります。
P1~P4の駐車場の利用となった場合は、無料連絡バスを利用することができます。
5時~24時までのの時間で、6分間隔で運行しています。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道