仕事・勉強・資格

野菜ソムリエの資格で何ができる?【メリット、仕事など】

野菜ソムリエのメリット・デメリット

野菜ソムリエのメリット

野菜ソムリエという資格は、テレビなどで耳にしたことがある方が多いですね。
野菜ソムリエとは、野菜果物の知識を身につけ、その魅力や価値を社会に広めることができる野菜のスペシャリストの資格です。

この資格は、一般社団法人日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格です。
国家資格などの公的な資格ではありません。

野菜ソムリエの資格を取得することによる大きなメリットは、野菜や果物の正しい知識が身につくことです。

資格を取得するまで知らなかった野菜や果物の種類や特徴、栄養素の基本、保存方法、おいしい調理方法など普段の食生活にも大きく役立つことばかりです。

また、野菜や果物の知識が豊富になることで、食そのものへの興味が強くなり、食生活が豊かになる、健康への意識も高まるといったメリットもあります。

野菜ソムリエのデメリット

野菜ソムリエの資格は民間資格なので、この資格があるからといって就職に大きく有利になることが少ないのはデメリットです。

しかし、食関係の企業を希望するときなどその知識を生かすことができます。

野菜ソムリエ資格を履歴書に記載できるのか?

さまざまな資格がある現代社会では、就職時に履歴書の資格欄に何を書けばいいか悩んでしまいます。
資格をたくさん持っているからといって全てを書こうとすると書ききれなかったり、なさすぎて空欄にしたりするのもどうかと思ってしまいますね。
まず書くべき資格は国家資格です。

それに次いでくるのが、TOEICなどの語学系の資格、自動車運転免許資格、パソコン系の資格となってきます。

そうなると民間資格の野菜ソムリエは書かなくてもいい資格となってしまいます。
また、業務に関係のない、例えば車の営業職を希望しているのに野菜ソムリエの資格を記載していてもスルーされてしまいます。

しかし、食関係の業界への就職希望の際は書いてあると、アピールポイントとなります。
食関係の職種を希望する際は、履歴書に「野菜ソムリエ」資格取得を記載するといいです。

日本野菜ソムリエ協会公式ページはこちら

野菜ソムリエで何ができる?

野菜ソムリエの仕事内容

野菜ソムリエとして仕事をするとき、どのような仕事内容になるのでしょうか。

料理教室の講師、食品メーカー職員、飲食店店員、フードライター、フードコーディネーターなどの食に関する仕事で、資格を活かしていることが多いです。

大阪本町の野菜ソムリエ

大阪市中央区本町に野菜ソムリエのオーナーシェフがいる本格フレンチレストランがあります。
「BISTRO QUATRE本町」です。
オーナーシェフは、野菜ソムリエの資格だけではなく、ホテルやレストランで料理長をされていたほどの実力派なので、体に優しく、とてもおいしいと評判になっています。
経理から仕入れまでオーナーシェフ1人でこなしていて、野菜ソムリエだけあって、こだわりぬいた野菜を提供しています。
どの料理にも新鮮な野菜がふんだんに使われています。
「誰もがカジュアルにフランス料理を楽しんでもらいたい」というオーナーシェフの思いから、店内はスタイリッシュだけど落ち着いた空間です。
初めての方でも気兼ねなく訪れることができる雰囲気でいっぱいです。

野菜ソムリエの仕事の収入

野菜ソムリエの仕事の募集

野菜ソムリエは資格であって、職業ではありません。
そのため、野菜ソムリエとしての求人はありません。
その資格を活かせるよう、調理スタッフやパティシエ、栄養士などの仕事の募集があります。

野菜ソムリエの仕事の依頼

野菜ソムリエと、野菜ソムリエに仕事の依頼をしたい企業などを結びつけるマッチングサービスに野菜ソムリエカンパニーがあります。

企業が依頼したい仕事内容には、主に講演、セミナー講師、料理教室など、食に関するあらゆるお仕事があり、それらを得意とする野菜ソムリエとのマッチングが行われています。

野菜ソムリエカンパニーのHPはこちら

野菜ソムリエの仕事・プロ

野菜ソムリエプロ以上の資格を取得すると前述の野菜ソムリエカンパニーに登録することが出来ます。

野菜ソムリエカンパニーに登録することにより、依頼者とマッチングされれば、食に関するあらゆるお仕事の依頼を受ける機会が出来ます。

野菜ソムリエカンパニーへの登録はこちら

野菜ソムリエの仕事・活躍の場

野菜ソムリエを活かせる仕事

野菜ソムリエは、野菜のスペシャリストの資格です。
その資格を活かせる仕事は、やはり食品関係の仕事になります。
飲食店店員、青果販売員、農家、栄養士・管理栄養士、フードコーディネーター、主婦・主夫などです。

飲食店店員の場合、調理する側でもホール担当でもどちらでも野菜ソムリエの資格が活かされます。
調理担当の場合、野菜を仕入れる際、新鮮でおいしいものを見分けることができる、その食材に適した方法で調理できるというメリットがあります。

ホール担当の場合、お客様に使われている野菜の産地、特徴、栄養素、おいしさなどについて、説得力のあるトークができるというメリットがあります。
青果販売員もお客様に野菜の詳しい説明ができ、販売に活かす魅力的なポップを作ることができます。

そのため、青果専門店では店員のネームプレートに「野菜ソムリエ」と記載している店舗も多いです。
農家の方も、栽培している野菜についてはマニアックな知識を持っていますが、野菜ソムリエの資格を得ることにより、自分で野菜を販売するときに作った野菜の魅力をよりよく伝えることができます。

フードコーディネーター、栄養士・管理栄養士も野菜の栄養についての知識を広めることができ、仕事の幅がさらに広がります。
主婦・主夫の方も普段の食事をより栄養バランスの取れたものにできるので、生活がより豊かになります。

sponser link






-仕事・勉強・資格

© 2021 充実ライフ達人への道