カーライフ

日野自動車保険に関する情報まとめ【メリット、評判、値段など】

日野自動車保険のメリット

自動車を購入した際、ほとんどの方が加入している任意自動車保険。
万が一の事故のことを考えると加入せずにはいられませんね。

日野自動車で車を購入したとき、AIG損保、三井住友海上、損保ジャパン、あいおいニッセイ同和損保、日新火災、東京海上日動の6社の保険契約の代理ができます。

自動車会社であれば、車関連の保険しか加入できないと思われがちですが、日野自動車では自動車保険をはじめ、火災保険、地震保険、傷害保険、運送保険、生命保険など幅広い保険商品を取り扱っています。
車と一緒にそのほかの保険について見直す機会となります。

また、インターネットで契約できる保険も取り扱っているので、自分自身で手続きができるのも便利な点です。
日野自動車では運送関係の車両を多く取り扱っています。

多くの場合、購入よりレンタルとなっているので、リース商品の専用保険を取り扱っています。

「ファイナンスリース」「メンテナンスリース」「メンテナンス・マネジメント・サービス」があります。
リースの保険を利用することで、月々定額の支払いで済むので、初期導入資金を少なくすることができます。

また、メンテナンスサービスを受けることができるので、常にコンディションのいい車に乗ることができます。

日野自動車保険のデメリット

では、日野自動車保険のデメリットはどのようなことがあるでしょうか。
日野自動車で扱っている車の多くは、運送関係の車両です。

購入するのは、高額なので資金面が大変です。
購入ではなく、リースにすることで車両経費を抑えることができます。

デメリットをしては、リース期間中、原則をして解約できないことです。
しかし、日野自動車で保険を加入する方にとっては必要なものだけを選べるので、デメリットは少ないのではないかと思われます。

日野自動車保険の料金

日野自動車保険は、「ファイナンスリース」「メンテナンスリース」「メンテナンス・マネジメント・サービス」の3タイプです。

サービス内容に応じて、料金が変わってきます。

車両購入するより、リースの日野自動車のほうがお得になっています。

スポンサーリンク


日野自動車保険の特約・自転車保険

全国的に自転車による交通事故の増加傾向にあります。

そのため。地域によっては自転車保険を義務化しているところも少なくありません。

新たに自転車保険に加入しようとなると気になるのが保険料です。
単発で加入すると、加入者だけしか補償されないことがほとんどです。

しかし、自動車保険に個人賠償特約をつけることで自転車事故により他人を死傷させてしまったり、物を傷つけたり、破損したりした場合でも自動車保険で対応できる損保会社が多いです。

日野自動車では、東京海上日動の保険で人賠償責任補償特約、自転車傷害補償特約を付帯することもできます。

この特約は家族の中で誰か一人特約をつけておくと、家族内で使いまわしもできます。
自転車保険の加入を検討している方はご家族の自動車保険に特約を付帯することを検討してみてもいいかもしれません。

日野自動車保険の評判

日野自動車の保険は、リース車であっても、万が一の事故の際も担当ディーラーに連絡すれば解決できる安心感は何よりです。

また、面倒な手続きもディーラーにお任せできるのも魅力となります。ディーラー担当者も迅速に対応してくれたという口コミが多いです。
車両の整備、修理も対応してもらえるので、安心して車に乗れると評判です。

日野自動車で扱っている車両は、トラック、バスなど車両自体大型で、価格も高額となってしまいます。
リースで保険も共に加入することで車両にかかる費用を大幅に抑えられると、利用されている会社も多いです。

しかし、リース期間中は保険の解約はできないというデメリットはあります。
評判だけではなく、メリット、デメリットを考慮し、自動車保険の加入を検討することをお勧めします。

sponser link






-カーライフ

© 2021 充実ライフ達人への道