鹿児島運転免許センターの混雑に関する情報まとめ【日曜、平日、駐車場など】

鹿児島運転免許センターの混雑・日曜

鹿児島県の運転免許センター、鹿児島県交通安全教育センターは鹿児島市にあります。
鹿児島県内には運転免許センターはここ1か所だけなので、こちらで運転免許に関わる全ての手続きを行っています。

鹿児島県交通安全教育センターの休業日は土曜日、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)となっています。
そのため、多くの人が仕事休みとなる日曜日に来場する人が多く、日曜日は1日中混雑しています。

そのため、日曜日の午前の受付時間は8時からと30分前倒ししています。
それでも混雑しているので、できるだけ日曜日の手続きを避けるようにアナウンスされています。

午後は午前より混雑は少ないので、どうしても日曜日に手続きをしなければならない場合は、午後にすると混雑を避けることができます。

スポンサーリンク
【30日間無料お試し】TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8+動画見放題プラン)

鹿児島運転免許センターの混雑・平日

鹿児島県交通安全教育センターでの手続きは、平日は日曜日とは違い、全般的にさほど混雑が見られることはありません。

ただし、受付開始時間直後だけは曜日に関わらず混んでいます。
早く講習を受けられるよう、朝の受付開始8時30分前から待っている人もいるほどです。

平日の早い時間から空いているのは火曜日または木曜日です。
しかし、平日の場合、混雑はあってもスムーズに手続きが進行し、待ち時間も10分程度なので大きな混雑にはなりません。

スポンサーリンク

鹿児島運転免許センターの混雑・駐車場

鹿児島県交通安全教育センターには約500台の無料駐車場があります。
JR指宿枕崎線 坂之上駅から徒歩やバスセンター発のバスが出ていますが、時間がかかり、不便です。

そのため、ほとんどの方は車で来所しています。
駐車場は広いので、来所者に十分対応できるように整備されていて、混雑する日曜日などでも満車になってしまうことはほとんどありません。

しかし、朝一番の時間帯は出入庫に混雑することがあるので、時間に余裕を持って来所されることをおすすめします。

スポンサーリンク


鹿児島運転免許センターの混雑・時間帯

鹿児島県交通安全教育センターでの手続きは、全国いずれの免許センター同様、受付をすませたら、書類記入・適性検査(視力検査)・写真撮影という流れになります。混雑状況にもよりますが、この一連の手続きに最低30分はかかってしまいます。

その後、講習を受け、講習終了後に受付順に免許証は交付されます。
どの曜日であっても混雑を避けて、早く交付して帰宅したいと午前中の受付開始時間前から並んでいる方も少なくありません。
早い方は8時前から並んでいる方もいるほどです。

混雑のピークの時間帯は平日、日曜日とも受付開始時間直後の30分、平日は8時30分から9時、日曜日は8時から9時ごろです。
日曜日はそれ以降の時間帯でも人波が途切れることがありませんが、朝一番ほどの混雑はありません。
午後は大きな混雑はほとんどなく、日曜日であっても、午前の部に比べ混雑は少ないです。

スポンサーリンク

鹿児島運転免許センターの混雑・予想

鹿児島県交通安全教育センターの年間、曜日別の混雑予想についてお伝えします。
まず、年間を通して1年で一番混雑するのが、交通安全教育センターが連休のため長期休みとなるゴールデンウイーク、年末年始前後と多くの方が夏休みの時期でも運転免許試験場が通常どおり業務が行われているお盆の時期の平日の3つの期間です。

曜日別では、会社員など多くの人が休日の日曜日です。日曜日は、時間帯に関わらず、1日中混雑しています。
特に午前中の混雑が目立ち、講習のための各教室が満席になることもあるほどです。

意外と混んでいるのが休み明けの月曜日です。
午後は午前に比べ、人が少ないです。

日曜日やお盆の時期など混雑が予想される日は、午後の時間を狙って出かけると比較的混雑を避けることができます。

また、さらに、天候によっても混雑状況が変わってきます。
晴れている日は、受付開始前から待っている人が多くなります。

逆に悪い雨の日や台風接近の予報がある日は足元が悪くなるので、早い時間の来場者は少ないです。

また、予想最高気温によっても混雑ぶりは変わります。
夏場の暑い日は午前中の早い時間が混み合います。
鹿児島県交通安全教育センターでの混雑を避けたいのであれば、曜日、休日だけではなく、天気予報、予想気温も参考にされるといいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました