鳥取運転免許センターの混雑に関する情報まとめ【日曜、平日、駐車場など】

鳥取運転免許センターの混雑・日曜

鳥取県には、3か所の運転免許センターがあります。
1つの県に3か所の運転免許センターがあるのは珍しく、鳥取県は全国的にも免許センターが整備された県です。

その3か所は、鳥取市にある東部地区運転免許センター、東伯郡湯梨浜町にある中部地区運転免許センター、米子市にある西部地区運転免許センターです。
このうち日曜日も更新受付をしているのは、中部地区運転免許センターのみです。

中部地区運転免許センターの休業日は、年末年始、土曜日、祝日となっています。
日曜日は仕事休みの日に来場される方が多いので、1日中混雑しています。

特に午前中の混雑が目立つので、混雑緩和のため、午前中の一般講習、初回講習、違反者講習の受付時間を平日より30分長くしています。

混雑している日曜日は、受付時間の間に行われる申込書類の記入、適性検査(視力検査)、写真撮影の手続きだけで1時間以上時間がかかることが少なくありません。
受付時間には余裕を持って出かけて下さい。

スポンサーリンク
【30日間無料お試し】TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8+動画見放題プラン)

鳥取運転免許センターの混雑・平日

鳥取県の各運転免許センターでの手続きは、平日は全般的に大きな混雑が見られることはありません。

しかし、午前の部だけは曜日に関わらず混んでいます。

混雑緩和のため、各運転免許センターでは講習区分によって受付時間をかえています。

受付時間が分けられている分、受付もスムーズに流れていますが、混雑させないためにも受付時間は厳守して下さい。

スポンサーリンク

鳥取運転免許センターの混雑・駐車場

鳥取県の各運転免許センターには無料駐車場があります。

東部地区運転免許センターには約80台、中部地区運転免許センターには約120台、西部地区運転免許センターには約80台です。

各運転免許センターとも公共交通機関を利用しての来所は便利ではないので、ほとんどの方は車で来所しています。

そのため、大きな駐車場ではないので、混雑する日曜日は早いうちに駐車場が満車になることがあるので時間に余裕を持って来所するといいです。

スポンサーリンク


鳥取運転免許センターの混雑・時間帯

鳥取県の運転免許センターでの手続きは、全国いずれの免許センター同様に受付ののち、書類記入・適性検査(視力検査)・写真撮影という流れになります。
その後、講習を受け、免許証は交付されます。

免許証は受付順に交付されるため、早く交付してほしいからと受付時間前から並んでいる方も多いです。
混雑する時間帯は平日、日曜日とも午前中となっています。

午後はどの曜日であっても、午前の部に比べ混雑は少ないです。
鳥取県は全国的に見て、運転免許センターが整備されているので、混雑する午前中の時間帯でも、他県と比べると混雑は少なめとなっています。

スポンサーリンク

鳥取運転免許センターの混雑・予想

鳥取県の運転免許センターの混雑予想についてお伝えします。
3か所の運転免許センターがありますが、年間を通して混雑する時期は同じです。

1年で一番混雑するのが、運転免許センターが長期休みとなる、ゴールデンウイーク、年末年始前後と通常どおり業務が行われているお盆の時期です。
日曜日の受付を行っていない東部地区運転免許センター、西部地区運転免許センターは、曜日による混雑の違いはあまりありません。

しかし、日曜日の受付をしている中部地区運転免許センターでは、会社員など多くの人が休日の日曜日が混雑します。
これら混雑が目立つ日は、時間帯に関わらず、1日中混雑しています。

また、天候によっても混み合い方に変化があります。
晴れている日は出かけやすいので、混雑します。

家事や用事を済ませてから来場する方も多いので、晴れた日の午前中はずっと混みあっている状態です。
逆に雨の日は来場者が少ないです。予想最高気温によっても混雑は変わります。

夏場の暑い日は午前中の早い時間が混み合います。
逆に冬場は、足元が悪くなる積雪の予報がある日は空いています。

週間天気予報を参考にし、積雪予報のある前日は混雑することがあります。
運転免許センターでの混雑を避けたいのであれば、天気予報、予想気温も参考にされることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました