リゾート・文化施設

卒業旅行・海外の幹事に関する情報まとめ【失敗、計画、注意事項など】

スポンサーリンク


卒業旅行・海外の幹事で失敗しないために

卒業のメドがつき、就職活動も終わると楽しみなのは卒業旅行ではないでしょうか?
もし、幹事になったとしたらしかも海外旅行に行くことになったらどうしたらいいのかが気になります。
幹事として失敗しないために海外への卒業旅行の注意点を紹介します。
事前に決めることは、人数、誰といくのか?時期はいつか?予算はどの位か?ということが最初です。
卒業旅行のメンバー、日程、予算などが決まったら次は目的や行先について、パスポートの取得には時間がかかるために早めに決定するのが良く、行先に意見が割れる場合も幹事として想定しておきます。
旅先が決定したら、旅行代理店に来店してツアーの確認、またはネットの旅行サイトなどを確認して宿泊先や飛行機の手配をします。
幹事になる方は、旅先でのトラブル防止になることを事前に想定しておくと失敗が少なくなります。

卒業旅行・海外の幹事用マニュアル

卒業旅行で海外に行く時の幹事のマニュアルは、卒業旅行に限らず旅行の幹事は行先、日程、予算、人数、内容を話し合い、ある程度決まったら卒業旅行なので初の海外という人もいることも加味して旅行代理店に相談するのが得策です。
行先のツアーが予算に合わない場合などは、ネットなどの旅行サイトで格安ツアーや格安航空券を探すようにします。
海外旅行に行く前に幹事が確認することは、参加者の中にパスポートを持っていない人に早めに取得に行かせることです。
具体的に、行先や日程が決定したら海外で問題になること、チェックインや買い物、食事での英語やその国の言葉について調べることが肝要です。
突然の病気やけが、盗難に備えて海外旅行保険の加入やパスポートの紛失などのトラブルに対処の仕方も大切です。

卒業旅行・海外の幹事・チェックリスト

海外に卒業旅行に行くことになり、幹事になったがその際に必要なチェックリストとは何かが気になります。
海外に卒業旅行に行く時には、貴重品としてパスポート、ビザ、海外旅行保険の保険証、航空券、日程表、現金、現地のお金、クレジットカード、各種証明書のコピー、証明写真などを確認しておきます。
パスポートを紛失した場合に備えて、パスポートなどの重要な書類はコピーしておくといいでしょう、再発行のために証明写真(4.5cm×3.5cm)2枚が必要、現金(日本円、現地通貨)を空港や銀行で事前に両替しておくと良いです。
スーツケースとスーツケースベルト、観光用のバックに加えて携帯電話用の充電器、海外用電源プラグ変換アダプターもあると便利です。
特に幹事は、病人が出た時に薬、ガイドブック、会話集、緊急連絡先などが必要です。

スポンサーリンク


卒業旅行・海外の幹事はどう計画を立てる?

卒業旅行で海外に行くことになって幹事になったのですが、計画はどうすればいいのか気になります。
どこに(行先)、誰と(メンバー)、いつ(日程)を参加するメンバーで事前に話し合い幹事は皆の意見をまとめて決めることが先決事項です。
それが決まれば、具体的な計画を立てるのですが、旅行代理店に相談するのが1番安全で安心です。
行先によって〇泊〇日のツアーが幾つかあるはずなので、その中から予算や日程に合うツアーを選ぶと良いです。
ツアーが決まり、計画を立てるのですが、ツアーの中には食事がついていない、昼食のみ無い、1日フリータイムなどがあるので具体的に行きたい・見たい場所・食べたいものやレストランなどを計画しておきます。
事前に旅行会社に問い合わせやガイドブックで探すのもありでしょうが、幹事なので下調べは怠らずに計画します。
病気などでキャンセルの場合の返金などの確認も必要です。

卒業旅行・海外の幹事・注意事項

海外に卒業旅行に行くことになり幹事になったのですが注意事項が気になります。
注意事項は、たくさんあり、海外旅行は国内旅行とは異なり、パスポートやビザが必要、行先によってはビザがいらない場合もあるが、事前に旅行代理店で確認を!万一の紛失に対応処置を準備します。
急な病気に備えて海外は国内の保険証が使えないので高額になるので海外旅行保険に加入します、中には盗難に対応するものもあります。
両替が大切です、現地の空港でもできますが、ツアーで動いていて寄らずにホテルでチップが必要で高いレートで両替されることもあるので事前に銀行や空港で両替が肝要です。
必要最小限の会話や食事のマナー、チップの額など勉強しておくと幹事として心強いです。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道