リゾート・文化施設

姫路城・混雑に関する情報まとめ【ライブカメラ、予想カレンダーなど】

姫路城の混雑・状況

姫路城は、兵庫県姫路市にある白く輝く大天守の姿が白い鷺が舞い立つように見えることから別名「白鷺城」とも呼ばれ、日本では最も綺麗なお城と評判で、世界文化遺産に選定された日本に5城しかない国宝の1つで、6年をかけて行われた平成の大修理が終わったので一年中観光客が絶えない人気のスポットで混雑しています。
姫路城の混雑状況は、平日よりも土日祝日が混雑し、時期としては3月下旬~4月上旬の春休み、GW、7月下旬~8月下旬の夏休み、お盆期間、冬休み、お正月、3連休の中日、入城料無料の日(12月11日・1月1日)、これらの期間は特に混雑しています。
これらの日には、文化財保護の目的で天守閣への登閣者制限を設けていて1日15,000枚程度の配布が行なわれて整理券を手にできないこともあるので注意が必要です。

スポンサーリンク


姫路城の混雑・ライブカメラ

姫路城は、兵庫県姫路市にある世界文化遺産、その白くて美しく荘厳華麗な姿を見に1年中観光客で混雑しています。
そんな姫路城の混雑状況が分かるライブカメラ映像が、姫路城の公式サイト「世界文化遺産・国宝・姫路城大入実況」で見ることができます。
姫路城の混雑状況をライブカメラでリアルタイムな映像を配信していて、映像の他に行列の待ち時間が表示されています。
このような映像をスマホなどで見て、混雑状況を確認することができ、整理券の配布状況も分かるので、今から行っても登閣できるかどうかがお城に行くことなく確認ができてすごく便利です。
ライブカメラの映像は、1時間に1回は更新、混雑時には30分毎に更新されるようになっています。
姫路城公式サイトはこちら

姫路城の混雑・予想カレンダー

姫路城は、白漆喰の城壁と優美な姿から「白鷺城」の愛称でも親しまれている世界文化遺産、6年に及んだ平成の大修理を終えて観光客が世界中から訪れて混雑しています。
姫路城の混雑予想カレンダーは、1月は、1月1日(元旦)は入城料無料の日で混雑、お正月3が日も混雑します。
2月は、比較的空いています。
3月は、下旬の桜の開花時期、春休み期間は混雑します。
4月は、上旬の花見時期、下旬のGW期間は混雑します。
5月は、上旬のGW期間は混雑します。
6月は、比較的空いています。
7月は、下旬の夏休み期間から混雑します。
8月は、夏休み期間、お盆時期は混雑します。
9月は、3連休が続くSWが混雑します。
10月は、比較的空いています。
11月は、比較的空いています。
12月は、12月11日が入城料無料の日で混雑必須、下旬の冬休みが混雑しますが12月29・30日は休城日となっています。
1年を通して平日は、比較的空いていますが、土日祝日はいつも混雑が予想されます。

姫路城の混雑・平日

姫路城は、世界文化遺産であり日本で5城しかない国宝の1つで、白い漆喰の城壁や荘厳華麗な姿が400年以上も保たれ、戦国時代の大名の権力がいかにすごいものなのかを知ることができる歴史上でも貴重な建築物、年間200万人以上の観光客が訪れていつも混雑しています。
姫路城が混雑するのは、休日が多く、土日祝日、正月、春休み、GW、夏休み、お盆休みは毎年混雑しています。
平日は、比較的空いていますが、3月~4月の桜の開花時期や夏休み・お盆期間では平日でもかなり混雑します。
姫路城の公式サイトで、混雑状況がライブカメラで確認でき、行列の待ち時間や整理券の配布状況を確認できるので利用することをおすすめします。

姫路城の混雑・時間帯

姫路城は、白鷺が羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる国宝、1993年に世界文化遺産に選定された白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白い城壁や5層7階の大天守、東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴で、その美しい姿を一目見ようとする観光客で1年中混雑しています。
姫路城の混雑する時間帯は、10:00~15:00の間が一番混雑します。
姫路城の開城時間は、9:00~16:00、4月27日から8月31日までは9:00~17:00となっているので、開城時間の9:00前に入り口に行くか、15:00以降に行くと混雑を回避することができます。
しかし、混雑時には整理券が配布されて遅い時間に行くと天守閣に登ることができなくなることもあるので注意が必要です。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道