リゾート・文化施設

ディズニーランド・混雑に関する情報まとめ【予想、月、時間など】

ディズニーランドの混雑・月は?

ディズニーランドは誰もが知っている大人気のテーマパークです。
混雑していない日はないのではないかと思うほどの混雑ぶりです。
しかし、その混雑ぶりも月によって変化があります。
一番混雑するのは、2月下旬から3月上旬の春休み、春のキャンパスデーパスポートのシーズンです。
この時期は春休みで、ディズニーチケットが学割価格で購入できる期間なので、学生で混雑します。
次いで混雑するのは、ディズニー・クリスマスイベントが開催される11月上旬から12月上旬です。
特にクリスマスの12月25日はこの時期の混雑のピークとなります。
そして、夏休み期間中は土日、平日関係なく混雑しています。
比較的少ないのが、4月です。
中旬までは新生活での変化から来園する人は少なめです。

スポンサーリンク


ディズニーランドの混雑・結果は?

ディズニーランドの過去の混雑結果から、曜日別、月別、日別の混雑状況が確認できます。
曜日別では、祝日が一番混んでいます。
土日をはさんだ祝日は、仕事を休むことなく遊べるので、来園される方が多いです。
ついで土日となっています。
月別の混雑状況は、3月が圧倒的に混雑しています。
これは、春のキャンパスデーパスポートの効果のようです。
ついで混雑するのは、8月です。
長期休みの混雑は避けられませんね。
一番空いているのが6月です。
特に混雑していた日は、3月20日から30日にかけてです。
春休みは、特に学生さんが卒業旅行で来園しているケースが多いです。
そのため、4月になると急に来園者が少なくなっています。
少ないとはいえ、人気のディズニーランドなので、待ち時間が少なくなる程度の混雑ぶりです。

ディズニーランドの混雑予想カレンダー

ディズニーランドにでかけるときは、混雑状況が気になりますね。
人気のパークなので、いつも混雑していますが、行く前には確認しておきたいものです。
しかし、ディズニーランド混雑予想カレンダーはたくさんあるので、どれの予想が当たるのかよくわかりませんね。
一番確実と思われるのが、オリエンタルランドがデータを提供している「ディズニーランドディズニーシー混雑予想カレンダー」が当たる確率が高いと思われます。
ディズニーランドディズニーシー混雑予想カレンダーはこちら
過去のデータから、天気、気温の予想も出ているので、お出かけの際の服装なども参考にできると思います。

ディズニーランドの混雑予想・夏休みは?

2019年夏休みの混雑予想ですが、7月中旬までは梅雨明けがまだだったり、テスト期間だったりするので、休日でも混雑は少なめです。
しかし、7月下旬からは徐々に混雑しはじめます。
平日であっても空いていることは少ないです。
8月になると、社会人の方も休暇を取る方が増えるので、7月より混雑します。
特にお盆の時期の8月13日から15日が混雑のピークとなりそうです。
しかし、8月下旬になると混雑のピークは過ぎ、アトラクションの待ち時間はやや少なくなりそうです。
いずれにせよ、夏休み期間中は平日、休日関係なく混雑が予想されます。

ディズニーランドの混雑・時間は?

ディズニーランドはいつも混雑しています。
人気のアトラクションでは、数時間待ちもざらですが、なんとかしてできるだけ待ち時間を少なくして、楽しみたいですね。
そんなときに便利なのが「東京ディズニーリゾートⓇ・アプリ」です。
このアプリを利用すると、待ち時間が一目で分かり、ファストパスの発券状況もわかるうえ、アプリから取得できます。
エンターテインメントショーの開催時間もわかるので、うまく時間を活用して、パーク内を楽しむことができます。
ディズニーランドを満喫するには欠かせないアプリです。
アプリやファストパスを活用しても、やはり混雑を避けることは難しいです。
一番混雑するのは、14時~15時前後です。
この時間帯は、買い物や休憩をしたり、アプリを活用して待ち時間の少ないアトラクションに乗ったりすることをおすすめします。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道