リゾート・文化施設

鈴鹿サーキットに関する情報まとめ【走行、遊園地、地域共通クーポンなど】

鈴鹿サーキットのCM

鈴鹿サーキットは、三重県鈴鹿市にある国際レーシングコースを中心にしたレジャー施設です。
F1グランプリや鈴鹿8時間耐久ロードレースで有名なレーシングコースとなっています。
サーキットなので、レーシングコースばかり注目されますが、遊園地やホテルなどもあり、子供から大人まで楽しめるアミューズメント施設となっています。
鈴鹿サーキットは、夏にオープンするプールのことやまだ知られていない魅力について、公式YouTubeの「KCanちゃんねる」で紹介されています。
アトラクションの秘密や女性ライダーの紹介など魅力満載となっています。
興味のある方は一度覗いてみて下さい。

KCanチャンネルはこちら(音が出ます)

鈴鹿サーキットの値段

鈴鹿サーキットでは、さまざまなモータースポーツのイベントが開催されています。
人気のレースも多く、チケットは高額になるものも少なくありません。

今年度もすでに新型コロナウイルス感染症の影響で中止が決定しているものもあります。
今後のレース開催については、公式HPを確認していただくと、前売り券販売日、料金の情報があります。

鈴鹿サーキット公式HPはこちら

スポンサーリンク


鈴鹿サーキットの走行料金

鈴鹿サーキットでは、ライセンスなしで国際レーシングコースを走行できるプログラムがあります。

サーキットチャレンジャーは、家族でマシンに乗り、楽しめるプログラムになっています。
料金は1600円です。

サーキット・クルーズは、マーシャルカー先導で国際レーシングコースを2周するプログラムです。
ストレートに停車してのフォトタイムもあります。

料金は、4輪の場合、走行のみで3200円、駐車券付きで4200円。
2輪の場合、走行と駐車券付きで3200円となっています。

走行台数限定となっていて、先着順となっているので、希望される方は開催予定を確認のうえ、早めに予約することをおすすめします。

SMSC(鈴鹿モータースポーツクラブ)に入会すると、さまざまな形で国際レーシングコースでの走行をすることができます。
SMSCは4輪、2輪、一般車両、レース車両、走行コースにより、入会区分、年会費などの料金も異なります。
30000円から57000円ほどになっています。

鈴鹿サーキットの遊園地の料金

鈴鹿サーキットは、レーシングコースだけではなく、遊園地施設「モートピア」があります。

車を中心にしたエリア「プッチタウン」、冒険アトラクションが中心の「バットのアドベンチャーヴィレッジ」、お花とイメージした「チララのハローガーデン」などに30種類のアトラクションがあります。

入園料は中学生以上の大人 2000円、小学生 1000円、3歳以上の幼児 800円です。

また、アトラクションを利用するには別料金が必要となります。
のりものクーポン券を利用するか、「モートピアパスポート」を購入するかになります。

モートピアパスポートはその日のみ、のりもの乗り放題となります。
モートピアパスポートは入園券とセットになっているのものと、のりもの乗り放題券のみの2種類があります。

入園券とセットになっているものは、大人 4800円、小学生 3400円、幼児 2200円です。
のりもの乗り放題券のみの場合は、大人 4000円、小学生 3200円、幼児 2000円となります。

入園券とセットになっているもののほうがお得になります。

スポンサーリンク


鈴鹿サーキットで地域共通クーポンは使える?

新型コロナウイルス感染症の影響で落ち込んでいる観光需要の支援のため、国が旅行代金の最大35%を補助しているのが「Go To トラベルキャンペーン」です。
2020年10月1日以降、旅行代金の割引に加え、旅行代金の15%相当の「地域共通クーポン」も付与されます。

旅行期間中に限り、地域共通クーポンを使って、お土産や食事などの代金の支払いに使うことができます。
鈴鹿サーキットの遊園地施設モートピアでは地域共通クーポンの利用が可能となっています。

しかし、レース観戦、鈴鹿サーキット内施設の回数券などには利用できないので、注意して下さい。

新型コロナウイルス感染症による観光需要の支援事業は、感染状況により大きく変化しています。
利用の際は、新しい情報をご確認下さい。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道