日常生活・習慣

ドライアイの目薬に関する情報まとめ【防腐剤、コンタクトなど】

ドライアイの目薬・市販で防腐剤なし

多くの方は、「ドライアイ」という言葉を聞いたことがあると思います。
ドライアイとは、目を守るために必要な涙の量が不足したり、涙の質のバランスが崩れたりすることが原因で、目に涙が均等に行きわたらなくなってしまう病気です。

そのため、知らないうちに目の表面に傷がついたりしてしまうことがあります。
ドライアイになると、目が疲れやすい、目が乾く、ものがかすんで見える、目がゴロゴロする、不快感があるなどの症状が出ます。

特に、コンタクトレンズの使用、パソコン・スマホをよく見ている人に多いといわれています。
ドライアイは眼科での治療が必要となります。
主な治療は、点眼と涙点閉鎖することです。

しかし、なかなか眼科で治療を受けられない方のための対策として、市販の目薬を使う方法があります。
市販の目薬の多くは、防腐剤、血管収縮剤が配合されています。防腐剤はドライアイを悪化させる要因とされています。

また、血管収縮剤は目の酸素や栄養が不足し、ドライアイを悪化させてしまうことがあります。
さらに清涼感のあるものも刺激となってしまうので、ドライアイにはよくありません。

ドライアイの症状があるとき、とりあえず市販の目薬で対応する場合は、防腐剤無添加、血管収縮剤の入っていないタイプがおすすめです。
代表的な商品は、
・ロート ドライエイド(EXまたはコンタクトa)
・ライオン スマイルコンタクトEXドライテクト
・オフテクス ティアーレW
・千寿 マイティアCL
などです。

ドライアイの目薬でジクアス含む市販品はある?

「ジクアス点眼液」は、病院の処方薬で市販薬では販売されていません。

ジクアホソルナトリウムが含まれており、涙の安定性に重要な役割を果たすムチンと水分の分泌を増やすことで、涙の量、質を改善する効果のある目薬です。

スポンサーリンク


ドライアイの目薬でヒアルロン酸を含む市販品はある?

ドライアイで悩んでいる方が、薬局やドラックストアで「ヒアルロン酸ナトリウムを含んでいる目薬はないか」と聞かれることがあります。

このヒアルロン酸ナトリウムは、目の表面を保護する作用があり、涙を安定させて、目の乾燥を和らげる作用が期待できる成分です。
病院で処方される目薬でヒアルロン酸ナトリウムを含んでいるものは、ヒアレイン点眼液です。

市販の目薬でもヒアルロン酸ナトリウムを含んでいるものはありますが、微量なためヒアレイン点眼液と同等の効果があるものはありません。

ドライアイの目薬でコンタクトなしで使用する製品は?

コンタクトを使用していない方のドライアイ対策の目薬は、コンタクトをしている方との違いはなく、涙に近い成分の目薬を選ぶといいです。

防腐剤、血管収縮剤が含まれているものはお勧めできません。

ドライアイの目薬・市販でコンタクトしたまま使用できる製品は?

コンタクトをしたままできるドライアイ対策の目薬があると、助かりますね。
市販の目薬にもいくつかあります。

・ロート製薬 新ロートドライエイドEX
 人工涙液、コンドロイチン硫酸エステルナトリウムを含んでいて、目の渇きに効果があります。
 ハードコンタクトには使用できますが、ソフトコンタクトには使用できないので注意して下さい。

・参天製薬 ソフトサンティア
 塩化ナトリウム、塩化カリウムを含んでいて、涙液に近い性質の目薬です。
 コンタクトレンズに吸着するような成分が含まれていないので、ハード、ソフトどちらのコンタクトレンズをつけたままでも使用できます。

・千寿製薬 NewマイティアCL-a
 塩化ナトリウム、塩化カリウムを含む人工涙液タイプの目薬です。
 また栄養成分としてブドウ糖を含んでいるので、疲れ目にも効果があります。
 ハード、ソフトどちらのコンタクトレンズをつけたままでも使用できます。

・ライオン スマイルコンタクトEXドライテクト
 人工涙液成分の他、コンドロイチン酸エステルナトリウムを含んでいるので、目にうるおいを与えてくれます。
 ハード、ソフトどちらのコンタクトレンズをつけたままでも使用できます。

sponser link






-日常生活・習慣

© 2020 充実ライフ達人への道