岡山運転免許センターの混雑に関する情報まとめ【日曜、平日、駐車場など】

岡山運転免許センターの混雑・日曜

岡山県には、2か所の運転免許センターと1か所の試験場があります。
岡山市にある運転免許センターは日曜日も受付をしています。

倉敷市にある倉敷運転免許センターは優良講習者のみの更新手続きが可能です。
津山市にある津山試験場で行われているのは運転免許の試験のみで、免許更新などの手続きは行っていないので注意して下さい。

運転免許センターの休業日は、年末年始、土曜日、祝日となっています。

日曜日は更新などの手続き可能となっています。
平日より仕事休みの日に来場される方が多いので、特に日曜日の混雑が目立ちます。

日曜日は午前中の混雑が目立つので、混雑緩和のため、午後の受付時間を平日より30分長くしています。
免許更新時には、受付時間の間に申込書類の記入、適性検査(視力検査)、写真撮影をしなければなりません。

混雑している日曜日ではこの手続きだけで1時間以上時間がかかることが少なくありません。

受付完了までに時間がかかってしまうことがあるので、講習時間が遅くなってしまうこともあります。
受付時間には余裕を持って出かけて下さい。

スポンサーリンク
【30日間無料お試し】TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8+動画見放題プラン)

岡山運転免許センターの混雑・平日

岡山県の運転免許センターでの手続きは、平日は全体的にはそんなに混みあうことはありません。

しかし、午前の部だけは曜日に関わらず混んでいます。
混雑緩和のため、受付時間は講習区分に関わらず、午前中は8時30分から11時と長く設定されています。

午後は、優良・一般講習は13時から14時30分、初回・違反者講習は13時から14時、高齢者講習は13時から15時です。
受付時間には余裕がありますが、混雑させないためにも受付時間は厳守して下さい。

受付時間開始直前と終了間際は混雑しています。
時間に余裕を持って、受付できるようにお出かけ下さい。

スポンサーリンク

岡山運転免許センターの混雑・駐車場

岡山県の運転免許センターには約500台の無料駐車場があります。

大きく整備された駐車場なので、混雑する日曜日であっても、駐車場が満車になってしまうことはありません。

JR岡山駅から中鉄バスまたは岡電バスに乗って運転免許センターに行くこともできますが、駐車場に余裕もあるので、ほとんどの方は車で来場されています。

スポンサーリンク


岡山運転免許センターの混雑・時間帯

全国いずれの免許センター同様、岡山県の運転免許センターでの手続きも受付ののち、書類記入・適性検査(視力検査)・写真撮影という流れになります。

その後、講習を受け、免許証は交付されます。
免許証は受付順に交付されるため、受付時間前から並んでいることも多いです。

混雑する時間帯は平日、日曜日とも午前中です。
午後はどの曜日であっても、午前の部に比べ混雑は少ないです。

そのため、岡山県警からも午後の手続きをすすめるアナウンスがされています。
時間に余裕のある方は混雑を避けるため、午後に手続きをするのがいいかもしれません。

スポンサーリンク

岡山運転免許センターの混雑・予想

岡山県の運転免許センターの混雑予想についてお伝えします。
まず1年で一番混雑するのが、運転免許センターが長期休みとなる、ゴールデンウイーク、年末年始前後と通常どおり業務が行われているお盆の時期です。

また一番混雑する曜日は、会社員など多くの人が休日の日曜日です。
この2つについては、時間帯に関わらず、1日中混雑しています。

さらに、曜日による混雑以外にも天候によっても混雑ぶりに変化があります。
混雑が少ないのは、雨の日です。
晴れている日は出かけやすいので、混雑します。

家事や用事を済ませてから来場する方も多いので、晴れた日の午前中はずっと混みあっている状態です。
予想最高気温によっても混雑は変わります。

夏場の暑い日は午前中の早い時間が混み合います。
逆に冬場の寒い日は遅めの時間帯が混み合うことがあります。
運転免許センターでの混雑を避けるために、天気予報も参考にされることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました