ミールキットに関する情報まとめ【市場規模、価格、おすすめなど】

ミールキットとは

ミールキットとは、あまり聞きなれない方も多いかと思います。
あらかじめ献立に必要な材料一式がセットされたものです。

カット済の野菜や肉、魚、調味料などの人数分の材料とレシピが同梱されていて、すぐに調理が始められるようになっています。
料理キット、半調理キットなどとも呼ばれています。

食材を切ったり、調味料を測ったりする手間がなく、すぐに調理を始められるので、食材の買い物や調理に時間や手間をかけられない共働き世帯、乳幼児のいる世帯、買い物が困難な高齢者世帯に役立つものと注目されています。

ミールキットは、野菜などの食材を一つ一つ買いそろえるより割高にはなります。

しかし、買い物や食材をカットする時間が省かれ、調理全体にかかる時間が大幅に短縮されます。

また、惣菜や弁当を買うより、栄養バランスのとれた食事ができること、手間を省いても手作り感を味わえることが魅力となり、じわじわと人気となっています。

ミールキットの市場規模(日本)

ミールキットは、ネットスーパー、コンビニエンスストアの宅配、食品メーカー、生協、ショッピングサイトなどで行われています。
ミールキット主要分野の売り上げは、2014年度には1兆9億円だったのが、2016年度には2兆円の大台に乗っています。
人口減少、少子高齢化の進行で、日本国内の食関連市場が縮小傾向にあるなか、順調に売り上げを増やしています。

スポンサーリンク


ミールキットの市場規模は拡大する?

売り上げを増やしているミールキット市場ですが、2018年度以降、約2~3%台の伸長率で市場規模が拡大しています。

20217年度では売り上げが4兆円を超えると予測されています。

しかし、現在でも社会問題となっている配送面での人員不足、さまざまな食材の準備のためのコスト上昇が市場成長のブレーキになるのではとの懸念事項もありますが成長が見込まれる分野であることに違いありません。

ミールキットの比較・価格と品数は?

ミールキットがあると、献立を考えなくてもいいし、買い物にも行かなくてもいいと人気になっています。

しかし、ミールキットといってもさまざまなものがあり、それぞれに特徴があります。

安さ、おいしさ、1食あたりの量、調理時間など自分の希望にあうものを選ぶといいです。

1人分あたりの価格で比較してみると、コープデリでは320円、パルシステムでは336円、ヨシケイでは450円、オイシックスでは458円、らでぃっしゅぼーやでは529円となっています。

品数では、らでぃっしゅぼーや、パルシステムでは1品、コープデリでは1~2品、オイシックスでは2品、ヨシケイでは2~3品となっています。

価格は随時変更しますので、参考価格です。

ミールキットのおすすめは?

ミールキットの単品価格で安いのは、コープデリです。

1000円以下で主菜、副菜のセット価格となっているので、価格が安いのはコープデリだと思います。

おいしさを求めるのであれば、オイシックスです。
食材も全国の契約農家から集められたもの。
レシピも人気シェフや料理研究家が監修しているものなので、自宅で簡単にレストランやカフェの味を楽しむことができます。

毎日使いたいのなら、ヨシケイです。
日替わりでメニューを提供してくれ、価格も抑えられているので、経済的負担も少ないです。
毎日その日の分を宅配してくれるので、賞味期限切れの心配もありません。

コープデリは、2品2人前で1000円以下とリーズナブルになっていて、配送料も無料となっているので、毎日使っても配送料のコストが抑えられます。
初めてミールキットを使う方は、いきなり加入して「期待していたものとは違う」「こんなはずではなかったはずなのに」と思うのは嫌ですね。

ヨシケイとオイシックスでは、初回限定のお試しセットがあるので、試してみてよければ契約すればいいので、安心して試すことができます。

ミールキットは、仕事などで忙しく調理の時間を少なくしたい方、料理の苦手な方にはとても便利なものです。
自分の生活パターンに合ったものを選ぶといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました