カフェ・食事・店舗・買い物

ウェルネスダイニング制限食の宅配に関する情報まとめ【管理栄養士、料理キット、ベジ活スープ食など】

制限食の宅配の市場規模

食品の宅配サービスは、少子高齢化や女性の社会進出などの背景のもと、年々市場規模が増加しています。
矢野経済研究所 食品宅配市場に関する調査 参照

そのような中で、ミールキット(料理キット)の市場は、生協やスーパーの参入で様々なユーザーの需要を満たし拡充しています。

ただし、これまで、制限食に特化した宅配食の提供はほとんど無く、ウェルネスダイニングの食事制限専門の宅配食は注目を集めています。

料理キットタイプ、お弁当タイプの気配り宅配食、ベジ活スープ食の提供があります。

管理栄養士によるサポート体制を整え、ユーザー目線での気配りがあり、今後ますます伸びていくこと必至の注目企業です。

管理栄養士の制限食の料理キット

カロリーひかえめ、塩分ひかえめと言われても、一から自分で作るのは大変と思う人は多いです。

ウェルネスダイニングの料理キットは、管理栄養士が監修したバランスのとれた食材がパッキングされていて、簡単に調理が出来るようになっています。

主菜と副菜セット1人前分を必要分まとめて届けてくれるので、材料が余る心配もありません。

賞味期限は冷凍保存で3ヵ月以上です。

料理キットは、制限内容に応じて、「カロリー&糖質」、「塩分」、「たんぱく」、「バランス」の4つのコースがあります。

一人暮らしなどで、ちょうど一人前分の制限食を作るのが難しい場合などにおすすめです。

管理栄養士の制限食の宅配

ウェルネスダイニングの料理キットは、一人前分の食材がパッキングされ、レシピもついているため15分程度で簡単に料理することが出来ます。

それでも、普段から忙しくて、出来るだけ調理にかかる時間を少なくしたい方には、電子レンジで温めるだけの気配り宅配食がおすすめです。

管理栄養士監修の献立で、制限食をストレスなく楽しめるように工夫されています。

面倒な栄養計算はプロにまかせて、気配り宅配食を楽しんでみませんか。

【パソコンで閲覧の方】
手作りの宅配健康食はこちら

【スマートフォンで閲覧の方】
手作りの宅配健康食はこちら

制限食のベジ活スープ食の宅配

厚生労働省が推奨する「健康日本21」では1日の野菜摂取量は350g以上とされています。

野菜をとることの重要性を理解して、積極的に野菜をとる生活を「ベジ活」と言いますね。

詳しくは、食育マイスター・ジュニア野菜ソムリエの資格を持つベジ活アドバイザーである生井理恵さんの書籍をご参照ください。

野菜は大事であることを認識してたくさん摂取しようと思っても、忙しくてなかなか調理できない人も多いですよね。

そのような方の野菜不足を解消することを目的に開発されたのが、ウェルネスダイニングのベジ活スープ食です。

野菜ごろごろ具沢山の1食がレンジでチンするだけで完成します。

忙しくて用意が難しいときに、手軽にお試しください。

sponser link






-カフェ・食事・店舗・買い物

© 2020 充実ライフ達人への道