リゾート・文化施設

東武動物公園プールに関する情報まとめ【料金、割引、混雑、有料席、スライダーなど】

東武動物公園プールの料金

遊園地、動物園が融合したハイブリッドレジャーランドの東武動物公園ですが、夏の時期にはプールもオープンします。
例年7月上旬から9月上旬までの期間オープンしていますが、2019年は7月7日(日)にオープンします。
9月8日(日)までは毎週土日曜日、7月20日(日)からの夏休み期間中は9月1日(日)までは毎日オープンしています。
東武動物公園のプールを利用するときは、入園料が必要となります。
入園料+プール入場料は、おとな2400円、こども(3才以上) 1100円、シニア(60才以上) 1700円です。
またのりもの乗り放題もついたワンデーパスは、おとな 4800円、こども 3700円、シニア 3700円となっています。

東武動物公園プールの割引

どうせ遊ぶのなら、お安く遊びたいものですね。
東武動物公園のプールを利用するとき、さまざまな割引を利用することができます。
まずは、東武動物公園のメールマガジンに登録すると、お得なチケット割引券のプレゼントがあります。
プールも利用できるワンデーパスがおとな 4600円、こども 3600円となります。
コンビニ前売り券を購入すると、こちらもおとな 4600円、こども 3600円となります。
ただし、コンビニで一度購入すると、取消、払戻はできないので、注意して下さい。
また、電車を利用してお出かけされる場合は、電車往復運賃、バス運賃、入園料、プール入場料がセットになった「スーパープール切符」が便利です。料金は乗車する駅によって異なります。

東武動物公園プールの混雑

東武動物公園のプールは、人気のプールなので混雑していることが多いです。
特に夏休み期間中は平日でも混雑しています。
その中でも、土日曜日、8月上旬から8月15日ごろまではさらに混雑しています。
混雑している時間帯は、11時~13時ごろとなっています。
混雑を避けたいのであれば、プールオープンの9時前には到着できるようにするといいです。
東武動物公園のプールの混雑を避けて利用したいのではあれば、夏休み前の平日か小雨の日です。
さすがに雨の日にプールを楽しむ人は少ないので、プールを満喫することができます。
ただし、雷が鳴ると危険なので、プールから上がるように指示されます。
雷注意報が発令されているときは、プールには入ることができないので、行かないようにしましょう。

東武動物公園プールの有料席

東武動物公園のプールには、タイガースプラッシュ、ウエイブプール近くにパラソルシートとロイヤルシートの2種類の有料席があります。
テントやレジャーシートを持っていくのが面倒、広いスペースでゆっくりしたという方に人気です。
パラソルシートは、パラソル、椅子3脚、サマーベッド1つ、テーブル1つのセットとなっています。
135か所あり、利用料金は1席3000円となっています。
ロイヤルシートは、椅子4脚、サマーベッド2つ、テーブル1つのセットとなっています。
24か所あり、利用料金は5000円です。
いずれも事前予約不可となっており、当日プール場内サービスカウンターでの申し込みとなります。
場合によっては売り切れになることもあるので、利用したい場合は早めの時間に行くことをおすすめします。

東武動物公園プールのスライダー

東武動物公園のプールには人気のスライダー、「タイガースプラッシュ」、「親子スライダー」があります。
タイガースプラッシュは、全長75m、70m、60mの3レーンあり、それぞれ高さも10m、9m、8mとなっています。
3本のレーンのうち、2つは滑走面が虹のような色とりどりの光の輪が差し込み、幻想的な体験ができます。
利用には身長制限があり、120㎝以上の方が利用できます。
それより小さなお子様は利用できないので、注意して下さい。
親子スライダーは親子一緒に滑ることができるチューブスライダーです。
高さ3.9m、全長28m、27mの2レーンとなっています。
身長110㎝以下のお子様の利用は保護者の付き添いで利用可、また中学生以上の方は1人での利用は不可となっています。
どちらも人気のスライダーなので、混雑時には30分~60分待ちになってしまうことがあります。
開演直後であれば、さほど混みあうことが少ないので、まずはスライダーを利用してからプールを楽しむといいでしょう。

sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道