リゾート・文化施設

ザ・ペニンシュラ東京・混雑の情報まとめ【カフェ、朝食、ランチなど】

ザ・ペニンシュラ東京の混雑・カフェ

ザ・ペニンシュラ東京は、5つ星を獲得している超高級ホテル、その地下1階にあるのがザ・ペニンシュラブティック&カフェです。

落ち着いた雰囲気が漂う店内で人気のマンゴープリンや1日限定5本のメイプルクロッカンなどが楽しめます。

東京メトロ日比谷線・日比谷駅直結徒歩1分という好立地にあります。

ここの看板メニューはマンゴープリン。
フルーティーなマンゴーの下にはとろける口どけの杏仁豆腐、滑らかで濃厚な食感が絶品と食べてみる価値ありと若い女性を中心に大人気で混雑しています。

座席数が25席と少ないためにその味とインスタ映えを狙った若い女性で混雑しています。

ザ・ペニンシュラ東京の混雑・朝食

ザ・ペニンシュラ東京は、「フォーブス・トラベルガイド」のホテル部門で最高ランクの5つ星を4年連続で受賞している超高級ホテルです。

ホテルは、皇居外苑と日比谷公園に面し、緑豊かな環境でありながら、一流ブランドやデパートが集まる銀座まで徒歩圏内という最高のロケーションにあります。

和テイストを取り入れた客室、レストラン、スパなどゆっくりくつろげると評判で混雑しています。

ホテルで朝食をいただくには、1階のザ・ロビーで朝の6:30からオープンしています。

宿泊客以外の利用も可能で、メニューは4種類、料金はいずれも4,200円です。

「ザ・ペニンシュラブレックファースト」「ナチュラリーペニンシュラブレックファースト」「ザ・ペニンシュラスパブレックファースト」「和定食」の中から選びます。

宿泊客は、ホテルのルームサービスで朝食を頼むことができます。

ザ・ペニンシュラ東京の混雑・ランチ

ザ・ペニンシュラ東京は、日本のビジネスの中心丸の内に近い日比谷にある高級ホテルです。

世界中から高級ホテルならではの味とサービスを求めてレストランには人が訪れ混雑しています。

そこで、ここではおすすめのレストランの人気のランチを紹介します。

ステーキ&グリル「Peter」は、最上階24階にあります。
ランチは、シェフチョイス3品コースランチ3,900円、Peter3品コースプリフィックスランチ5,200円がおすすめです。

広東料理の「ヘイフンテラス」では、点心ランチメニュー4,880円がおすすめです。

地下1階、「ザ・ペニンシュラブティック&カフェ」では、平日限定ランチ、サラダ、スープ、この中から1品(本日のパスタ、マダイのソテー、牛バラ肉と野菜のポトフ)、デザート、お飲み物という内容で1,987円です。

シェフのおすすめ3品コース2,800円もホテルではリーズナブルと大人気です。

ザ・ペニンシュラ東京の混雑・予想

ザ・ペニンシュラ東京は、2007年9月に開業した外観が日本の灯篭をイメージしたデザインです。

室内も和テイストを取り入れ外国人ゲストにも好評で、フォーブス・トラベルガイドでは4年連続の5つ星を獲得している高級ホテルです。

ホテルには、現在レストランが6軒、一流の味を堪能するために連日混雑が予想されます。

「Peter」は、最上階24階にあるステーキ&グリル、夜景を楽しみながらラグジュアリーなひと時を楽しむ人で混雑します。

「ヘイフンテラス」は、広東料理が楽しめます。

「ザ・ロビー」は、1階にあるアフタヌーンティーが有名なお店です。

「ザ・ペニンシュラブティック&カフェ」は、地下1階にあるスイーツのお持ち帰りとカフェが併設、人気のマンゴープリン、ペニンシュラチョコレート、大人気のカフェランチを求める若い女性で混雑しています。

「鮨和魂」は、今年の5月にオープン、銀座の名店「すきやばし次郎」で修業を積んだその味を目当てに混雑が予想されます。

ザ・ペニンシュラ東京の混雑・回避

地下1階のザ・ペニンシュラブティック&カフェではマンゴープリンやお得なランチが人気で連日多くの方で混雑しています。

カフェの営業時間は、11:00~17:00、昼食時間を避けると待たなくても座れることが多いようです。

混雑回避に最適なのは、予約が可能ですので、電話で予約を入れることをおすすめします。

スポンサーリンク


sponser link






-リゾート・文化施設

© 2021 充実ライフ達人への道