リゾート・文化施設

カワスイ 川崎水族館に関する情報まとめ【行き方、チケット、滞在時間など】

カワスイ 川崎水族館の行き方

カワスイ 川崎水族館は、2020年7月にオープンした新しい水族館です。
比較的少ない淡水魚とその水辺の生き物を展示している水族館です。

淡水魚の水族館としては国内でも有数の規模となっています。
カワスイ 川崎水族館は、JR川崎駅のすぐ近くにある川崎ルフロン内の9階、10階にあります。

川崎ルフロンには、JR川崎駅の中央南、中央北改札を出て、ラゾーナ川崎とは反対方向の東口に向かいます。
そのまま階段を降り、目の前のロータリー右側にあるのが川崎ルフロンです。

川崎ルフロンの中に入ったら、エレベーターかエスカレーターで10階まで上がります。
シースルーエレベーターを出てすぐ左側がカワスイ 川崎水族館の入口になります。

スポンサーリンク


カワスイ 川崎水族館の入場制限

カワスイ 川崎水族館は、もともと小学生以下の子供だけでの入館ができませんでした。
小学生以下のお子さんは、16歳以上の方の同伴が必要でした。

コロナ禍の混雑時には入場制限をすることをアナウンスしています。
何人以上の入場があった場合との表示はされていませんが、館内の混雑状況・整理券配布状況をリアルタイムでお客さまにお知らせする混雑ランプサービスを導入しています。

「空き」「やや混み」「混み」の3段階で混雑状況を表示しています。
この混雑状況は、カワスイ 川崎水族館公式HP、カワスイアプリでリアルタイムの配信をしています。

「混み」の状況が続くようであれば、入場制限となりますが、混雑状況を確認して来館される方が多いので、やや混みあってはいるものの、入場制限がかかるほどの混雑はみられていません。

カワスイ 川崎水族館の公式HPはこちら

カワスイ 川崎水族館の入場料

カワスイ 川崎水族館の入場料は、大人2000円、高校生1500円、小中学生1200円、4歳以上600円となっています。
3歳以下のお子さんの入場料は無料となります。

また、年間3回以上カワスイ 川崎水族館にお出かけする予定のある方は、年間パスポートがお得です。
1年間何度入場しても、大人6000円、高校生4500円、小中学生3600円、4歳以上1800円となっています。

年間パスポートは料金がお得なだけではなく、さまざまな特典がついています。
チケットカウンターに並ばずに入場できるほか、館内ショップでの買い物は税抜料金から5%OFFになり、誕生日にはAOW、カフェでスイーツやポップコーンのプレゼントがあります。

また、年間パスポートを持っていない同伴者14名まで一人あたりの入場料が100円引きのサービスがあります。
水族館が好きで年間に何度もカワスイ 川崎水族館に出かける予定のある方は、年間パスポートの購入がおすすめです。

スポンサーリンク


カワスイ 川崎水族館のクーポン

水族館は見て学んだり、楽しんだりできる楽しい場所です。
そのため、家族でお出かけされる方が多いです。

カワスイ 川崎水族館の入場料はビックリするほど高額なわけではありませんが、家族で出かけると入場料だけでかなりの金額になってしまいます。
できれば出費はできるだけ抑えたいところです。

そんなときに役立つのが、お得なクーポンです。

手軽でお得なのは、アソビューの電子チケットです。
10%OFFの料金でWEB購入できるので、混雑しているときにチケット売り場で並ばなくても購入できます。

じゃらんでは、体験プログラムやランチとセットで販売しているチケットがお得です。
バックヤードツアーつきで大人2600円、併設レストランでのランチつきで大人3600円のプランがあります。
いずれも枚数限定となっているので、空き状況を確認のうえ、予約して下さい。

カワスイ 川崎水族館の前売り券

コロナ禍において、水族館やテーマパークなど入場制限のある場所が増えています。
混雑緩和のため、日時指定チケットの購入をおすすめされています。

カワスイ 川崎水族館でも日時指定WEB入館チケットを販売しています。
入場料は通常の料金と変わりません。

予約した日時にカワスイ 川崎水族館の入館ゲートまで行き、予約したチケットの画面を提示するだけで入館できる便利なものとなっています。

カワスイ 川崎水族館のチケット割引

カワスイ 川崎水族館の入場料は、大人2000円、高校生1500円、小中学生1200円、4歳以上600円となっています。
3歳以下のお子さんの入場料は無料となります。

年間3回以上「カワスイ 川崎水族館」にお出かけする予定のある方は、年間パスポートがお得です。
1年間何度入場しても、大人6000円、高校生4500円、小中学生3600円、4歳以上1800円となっています。

また、クーポンを利用すると、入場チケットを割引で購入することができます。
手軽でお得なのは、「アソビュー」の電子チケットです。

10%OFFの料金でWEB購入できるので、混雑しているときにチケット売り場で並ばなくても購入できます。

カワスイ 川崎水族館のイルカ

カワスイ 川崎水族館は、川崎ルフロン内の9階、10階にあります。
そのため、ビルの上なのだし、イルカやクジラなんているわけがないと思っている方が多いのではないでしょうか。

そうなのです、実際のイルカやクジラはいません。
カワスイクルーがスクリーンに投影されたイルカの生態、体の大きさ、食べているものなど解説してくれます。

スクリーンに登場する生き物は全て実寸大なので、まるで自分が海の中にいるような感じがするほどです。
200度の広角パノラマスクリーンで投影されるので、生き物たちの姿がダイナミックに観察できます。

上映は、カワスイ 川崎水族館の9階パノラマスクリーンゾーンで行われています。
上映開始時間は、平日が14時30分~、17時30分~の2回、土日祝日が11時~、14時30分~、17時30分~の3回です。

参加定員は先着100名です。
20分ほどの内容となっています。

カワスイ 川崎水族館のカワウソ

カワスイ 川崎水族館は、川に暮らす生き物を世界中から集めて展示しています。
普通の水族館では見られない貴重な魚などがたくさん展示されています。

しかし、水族館といえばイメージするイルカやペンギンなど海で暮らす生き物はいないのです。
そのため、海で暮らすカワウソもカワスイ 川崎水族館では飼育されていません。

しかし、かわいいカワウソグッズはたくさんあります。
カワウソマグ、カワウソスプーンなどちょこっと乗っているかわいい姿が人気のグッズです。

カワスイ 川崎水族館のクジラ

水族館といえば、イルカやクジラなどの大型の哺乳類を見る、ショーを楽しみにしてお越しになる方も多いですね。
残念ながら、カワスイ 川崎水族館には、実際のイルカもクジラもいません。

そこで見ることができるのが、9階パノラマスクリーンゾーンで行われている世界のクジラに会いに行こうのスクリーン投影です。
クジラやイルカの仲間をカワスイクルーが紹介してくれます。

映像の中に登場する生き物は全て実寸大なので、リアルな生態を感じることができる映像となっています。

スポンサーリンク


カワスイ 川崎水族館のクラゲ

最近、癒し系の生物として人気を集めているのが、クラゲです。
ほとんどのクラゲは海水で生息しているので、川に暮らす生き物を展示しているカワスイ 川崎水族館には、生きているクラゲの展示はありません。

しかし、カワスイ 川崎水族館にもいろんな形でクラゲがいます。

カワスイ 川崎水族館10階のレストラン「AOW」の天井にいます。
天井一面に魚が泳いでいて、その中にクラゲもいます。

また、メニューの中の「アマゾンサンセット」「アマゾンナイト」というドリンクは、「クラゲライト」というピカピカ光るものが仕込まれています。
光は夜になるとさらに幻想的でキレイなので、夜お出かけされたときにはこのドリンクを頼んでみてはいかがでしょうか。

また、館内ショップにはクラゲの形のしおりも販売されています。
このように生きたクラゲはいないものの、カワスイ 川崎水族館にはかわいいクラゲがたくさんいます。

カワスイ 川崎水族館の滞在時間

カワスイ 川崎水族館は、全国的に少ない淡水魚とその水辺の生き物を展示している水族館です。
淡水魚の水族館としては国内でも有数の規模となっています。

ビルの中にあるので、展示スペース自体が広くはないので、滞在時間も1時間から1時間半程度あれば十分に回ることができます。
館内はフラッシュ撮影をしなければ、写真撮影も可となっているので、ゆっくり写真を撮ったり、解説イベントなどを楽しんだりすることもできます。

また、展示にはさまざまなデジタル技術を活用しています。
水槽の横にある二次元バーコードを読み取り、解説を楽しんだりすると2時間くらいはあっという間に過ぎているようです。

カワスイ 川崎水族館でベビーカーは使える?

カワスイ 川崎水族館の館内は、ベビーカーのまま、鑑賞することができます。
小さいお子さんがいる方には、安心して観賞することができると評判です。

また、カワスイ 川崎水族館まで道中でベビーカーを利用するけれど、館内では不要という方もいますね。
そんな方は、無料のベビーカー置き場を利用するといいです。

ただし、ロック式や預かり方式ではない、普通のベビーカー置き場になっているので、紛失やトラブルの補償がないので、注意が必要です。
また、館内散策するのに、お子さんが疲れたりしたときに貸し出し用ベビーカーがあるとうれしいですね。

しかし、残念ながら、カワスイ 川崎水族館にはベビーカーの貸し出しはありません。
必要かなと思われる方は持参されることをおすすめします。

カワスイ 川崎水族館のランチ

カワスイ 川崎水族館には、食事ができる場所として、ランチもディナーも楽しめるレストラン「AOW」、カフェで軽食が味わえる「こもれびカフェSweets&Café」「カフェ クラム」、猫カフェ「ソラネコカフェ」、売店があります。

レストラン「AOW」は、10階にあるので、景色を楽しみながら、食事をすることができます。
店内のスクリーンには魚やクラゲの映像が映し出されているので、海の中で食事を楽しんでいる感じがします。

カフェ クラムではバゲットサンド、ドリンク類の軽食を食べることができます。
こもれびカフェSweets&Caféはピラルクカレーが人気です。

ピラルクは水族館内で泳いでいる魚です。
「泳いでいる魚を食べるの?」と衝撃を受けられる方も少なくないようです。

カレーに入っているピラルクは液状になっているので、魚の形はなく、食べてみるとココナッツ風味でおいしいです。
他に唐揚げプレートもあるので、魚の苦手な方も安心して食べられます。

カワスイ 川崎水族館のビュッフェ

10階のレストラン「AOW」は、ランチタイムのみ1980円(税込)でビュッフェランチをしています。
90分制となっていて、70種類以上の料理やサラダ、デザート、ソフトドリンク付きで味わえます。

ビュッフェメニューは、水族館に集まる世界中の生き物たちの故郷の味であるイタリアン、メキシカン、和食などバラエティー豊かに世界各国の料理が並んでいます。
水族館鑑賞のあと、家族で利用される方も多いので、子供用の椅子なども用意されているので、安心です。

カワスイ 川崎水族館の猫カフェ

カワスイ 川崎水族館には、水族館でありながら猫カフェがあるのです。
ソラネコカフェは9階からの景色を眺めつつ、かわいい猫たちと触れ合うことができます。

ソラネコカフェは靴を脱いで、スリッパに履き替えます。
また、荷物はロッカーに預けてから入ります。

店内に持ち込めるキャップがついたボトルドリンクもあるので、喉が渇いたときに助かります。
かわいい猫たちに癒されます。

「ネコさんのおやつ」も200円で購入できるので、猫におやつをあげることもできますよ。

sponser link




-リゾート・文化施設

© 2022 充実ライフ達人への道