日常生活・習慣

ハンモックに関する情報まとめ【自立式、作り方、付け方など】

ハンモックの付け方

ハンモックは、南米の先住民族が使っていた寝具です。
寝心地もよく、癒しの時間をもたらしてくれるので、人気となっています。

しかし、場所も取るし、持ち運びや片付けも面倒だと使用するのをためらっている方も少なくありません。

ところが、最近ではキャンプ用のものから室内でも簡単に使用できる吊り下げタイプのものまでさまざまな商品があります。
ハンモックライフを楽しむなら、室内で設置できるものがおすすめです。

このとき、ハンモック用のフックを手の届く高さに設置すると便利です。
高さは1.5mから2mで、乗ったときにおしりが地面につかない高さになるように注意します。

設置幅は3.5mから4mとし、ハンモックの揺れ幅分として左右1mほどの間隔をあけておきます。
ハンモックを使用しないときは、片方のフックにつるしておけば、収納もコンパクトになります。

スポンサーリンク
【30日間無料お試し】TSUTAYA DISCAS(定額レンタル8+動画見放題プラン)

ハンモック自立式の自作

ハンモックを自立させるには、スタンドが必要です。

このハンモックスタンドがあれば、室内でもアウトドアでも活用できます。
用途に応じたタイプのハンモックスタンドが市販されています。

なんとハンモックスタンドは自分で作ることもできるのです。

材料はホームセンターで売っている角材35㎜×35㎜以上の太さのもの 4本、マルカンボルトM10 2個、平ワッシャー 2個、カラビナ 4個です。足になる角材をハンモックスタンドの高さに合わせてカットします。
だいたい170㎝から180㎝くらいがいいです。

カットしたらマルカンボルトが通るようにドリルで穴をあけます。
ここまではホームセンターで作業すると後始末が楽です。

角材2本をコンパスのように組み合わせ、マルカンボルトを差し込んで、反対側に平らワッシャーを通し、ナットでとめます。

あとはロープの取り外しがしやすいように、マルカンボルトとナットの輪の部分にカラビナを取り付ければ、完成です。
使うときは広げるだけでOKなので、コンパクトに収納もできます。

ミニハンモックの作り方・簡単

ハンモックは、人が乗って楽しんだり、くつろいだりするものとイメージしていませんか。
麻ひもなどで編んだミニハンモックは、インテリアにも使うことができます。

材料は100円ショップで手にはいる麻ひもとマスキングテープだけです。
あとは麻ひもをカットするはさみがあればOKです。

まずは、麻ひもを必要な長さにカットします。
編んでいくので、同じ長さの麻ひもを12本準備します。

つぎは、ハンモックをぶら下げるためにわっかを作ります。
麻ひもを束ねて、端から5㎝ほどの位置のところで、マスキングテープを使い、机に貼りつけて固定します。

そして、10㎝ほど三つ編みにし、二つ折りにします。
編み始めと編み終わりを重ねて、マスキングテープでしっかりととめて、わっかを作ります。

さらにマスキングテープが見えないように、新しくとった麻ひもをぐるぐる巻きにして固結びをしてから止め結びをします。

ここまでできたら、ハンモックの網目を作っていきます。
12本の麻ひもを4本ずつの3束に分け、わっかの位置から10㎝ほどのところで止め結びをします。

次に隣り合う麻ひもを止め結びします。
最初は両端だけ1本で止め結びにします。

同じようにして5㎝間隔で止め結びを繰り返します。
止め結びを繰り返し、残りの麻ひもが40㎝ほどになったら、最初のようにわっかを作れば完成です。

麻ひもで作るので、涼しげな仕上がりになり、夏のインテリアにぴったりです。

ハンモック自立式・ニトリ

さまざまなインテリア用品が揃うニトリですが、残念ながら自立式のハンモックの販売はありません。

ニトリでは、リゾート気分が味わえるハンギングチェアがネット限定で販売されています。

自立式なので、そのまま、セッティングするだけで使うことができます。

ハンモックにぬいぐるみ・ニトリ

かわいくて、つい買ってしまい、いつの間にか増えてしまっているぬいぐるみ。
増えてしまう、収納に困っている方も多いのではないかと思います。

そんなときに便利なのが、ミニハンモックです。
ミニハンモックをぶら下げて、そこにぬいぐるみを置くだけでかわいいインテリアになります。

ニトリではインテリアをして使えるハンモックの販売はありませんが、ウォールポケットを活用する方法があります。
ウォールポケットにぬいぐるみを入れるだけで、かわいいおうちができます。

まとめ

【ハンモックの付け方】
・ハンモック用のフックを手の届く高さに設置すると便利です。
・高さは1.5mから2mで、乗ったときにおしりが地面につかない高さになるように注意します。
・設置幅は3.5mから4mとし、ハンモックの揺れ幅分として左右1mほどの間隔をあけておきます。
【ハンモック(自立式)の自作】
・ハンモックスタンドの材料はホームセンターで売っている角材35㎜×35㎜以上の太さのもの 4本、マルカンボルトM10 2個、平ワッシャー 2個、カラビナ 4個です。
・足になる角材をハンモックスタンドの高さに合わせてカットします。
 カットしたらマルカンボルトが通るようにドリルで穴をあけます。
 ホームセンターで作業すると後始末が楽です。
【ミニハンモックの作り方・簡単】
・麻ひもなどで編んだミニハンモックは、インテリアにも使うことができます。
 材料は100円ショップで手にはいる麻ひもとマスキングテープだけです。
 麻ひもで作るので、涼しげな仕上がりになり、夏のインテリアにぴったりです。

sponser link






-日常生活・習慣

© 2020 充実ライフ達人への道