クリスマスローズに関する情報まとめ【種類、花言葉、植え替えなど】

クリスマスローズ種類 teftef

人気のクリスマスローズの原種にはニゲルとヴェシカリウスがあります。
ガーデニング園芸の通販で人気のteftefでは、クリスマスローズの原種からハイブリット交配により新種のクリスマスローズを多種生み出しています。
マエストロ、マーリンはニゲルとリビダスの交配で、ボリュームのある複雑な色を楽しめます。
モリーズホワイトは2016年の新種で多花で花径が10センチほどにもなります。
エンジェルグローは、花びらのグラデーションが魅力です。スノーダンスは丈夫でピンクのグラデーションが魅力です。
またクリスマスローズには有茎種と無茎種があります。

クリスマスローズの花言葉色別

クリスマスローズの花は附せがちのものが多く、花言葉も遠慮気味な意味で使われていることが多いようです。
いたわりの意味や追憶の意味で使われています。
人の気持ちを癒してくれる、怒りを鎮めてくれるなど古くから花言葉が付けられていました。
白いクリスマスローズの花言葉は繊細な見た目からセンチメンタルな追憶の花言葉になっているようです。
赤やピンク系の花言葉はなぐさめてほしい、安心させてほしいなど癒しを求めたい気持ちが表されています。黒のクリスマスローズには中傷や中毒など見た目の怪しさが表現されています。
その理由の一つにクリスマスローズには毒となる成分が含まれているからなのです。
黒のクリスマスローズは珍しく海外では呪術のようなことに利用されているようです。
日本では寒さに耐えて咲く花で、ガクと呼ばれる部分が花弁より落ちにくいことから合格の花と呼ばれ始めています。

クリスマスローズの植え替え時期

クリスマスローズの植え替え時期は、生育期の10月から3月に行うのが良いとされています。
その時期をずらしてしまうと、クリスマスローズが枯れる、花が咲きにくくなるなどの原因になります。
鉢植えはどの植物にも必要なものです。育成期に植え替えを行うことで何年も花を咲かせることが可能です。
クリスマスローズの植替えは鉢植えの場合と地植えの場合があります。
クリスマスローズは育成が旺盛な植物で、根張りが良く植え替えをしないと根詰まりや根腐れを起こします。

クリスマスローズの植え替え動画

クリスマスローズは、そのネーミングと可憐な花で人気のある冬の花です。
冬のガーデニングには欠かせない花となっています。
その為、さまざまな園芸サイトやYouTube上には数多くの動画が配信されています。
特にクリスマスローズの育て方、植え替えの動画が多く見られます。
ガーデニング初心者には文章の説明より分かりやすくありがたいです。
また、時間的にも数分の動画が多く、知りたいことをピンポイントで見ることができるのです。
最近ではガーデニング人気も高く、ネット通販で植物を購入されている人も増えており、それぞれの販売店がPRのために動画配信している場合もあります。

🌱017:クリスマスローズの植え替え|#ハイポネックススマイル
クリスマスローズの育て方・植え替え【くまパン園芸】

植え替えの動画は、クリスマスローズだけに限らず様々な種類の植物に応用できる便利な動画です。
ガーデニング入門にもお勧めできるようになっています。

クリスマスローズ開花株の植え替え

クリスマスローズの開花の時期は、一般的に1月末から4月にかけてと言われています。
植え替えのサインとしては、鉢に対して育っている草花が大きい場合や花や下葉、新芽が小さいなどの傾向がある時には植え替えが必要です。
開花株から1年から2年で最初の鉢替えを行う場合が多いようです。
クリスマスローズ用の土、開花株よりも二回り大きめの鉢、肥料を準備しておきましょう。
黒く腐った根はハサミなどで切り落としておきましよう。
根が大きくなったクリスマスローズは株分けと合わせて植え替えをするのがおすすめです。
植え替え翌日の朝に水やりをするのがベストです。クリスマスローズは育成が早く、定期的な植え替えが欠かせない植物なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました