掃除・収納

食器の収納5つのポイント!台所が広く使えて家事が楽になる

台所は一日のうちの長い時間を過ごすところです。
あなたの台所はどんな配置になっていますか?
流し台~作業台~コンロという配置の台所では作業スペースを取るのが難しいことがありますよね。
そこで、今回は、台所を広く使えて作業がスムーズに進む食器収納のポイントをまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、今回は、食器の収納5つのポイント!台所が広く使えて家事が楽になるについてお伝えします。

食器の収納5つのポイント!台所が広く使えて家事が楽になる

【ポイント1】《台の上に物を置かない》

台所で作業しやすくするためには「物を置かない」のが基本です。
平面で広くスペースを取ると、作業に必要なものを広げることができます。
でも、食器や道具を片付けておく場所がないから、作業台の上に直接置いたり、収納棚を置いてるケースもありますよね。
本来作業に使うスペースをつぶしてしまっているのは、非常にもったいない話です。
そこで、提案したいのは「収納スペースは、作業台から浮かしてしまう」こと。
収納スペースを、台の上から壁に移してしまいましょう。
台の上と棚の間に15cm空きスペースがあるだけで、作業のしやすさがまるで違います。
お皿を並べる場所、道具を広げる場所ができます。

【ポイント2】《壁に棚を作る》

コンセントなどを邪魔しない高さに、棚を作ります。
最近はDIYグッズが充実しているので、棚板や支え金具の種類がたくさんあります。
ホームセンターでは、板を希望のサイズにカットしてくれるサービスもあるので、希望サイズの棚を作るのは、意外に簡単。
棚の上に、毎日使うマグカップや茶碗、お皿などを重ねておいておけば、取り出すのも片付けるのも簡単。
毎日使ってしょっちゅう洗うものだから、ほこりなどもあまり気にせずに済みますね。

【ポイント3】《壁に穴をあけずに棚をつくる》

賃貸住宅などで、壁に穴をあけられない場合があります。
それでも棚を作りつける方法はあります。
一つは、突っ張り式の棚。
最近は、様々なサイズの突っ張り棚が販売されています。
設置したい場所のサイズに合わせて、選んでください。
棚板がワイヤーネットになっていたりして、洗った後につりさげたり、ぶら下げたり、台所ならではの使い方をできるのが魅力的です。
もうひとつは、壁ごと作ってしまう方法。
1~2cmの厚さの板を、台から天井まできっちりの高さに設置します。
板自身で突っ張らせるのがポイント。
台から天井まで突っ張らせた板を壁にして、好みの棚を作りつけると、オリジナルの台所の出来上がりです。

【ポイント4】《食器は使用頻度で分ける》

食器を収納する時、茶碗は茶碗、小皿は小皿、大皿は大皿、コップはコップ…というように、食器の種類や大きさで収納場所を決めていませんか?
食器棚が大きくて、使いやすい場所にあって、すべての食器がきれいに収まるときには、それですっきりOKです。
でも、台所が狭くて、食器が収まりきらなくて、あふれてしまっている…というときには、それが作業効率を悪くしてしまってるかも知れません。
そこで、とりたい対策は「よく使うものだけ取りやすい場所に置く」ということ。
使わない食器は、わりきって、台所以外の場所への収納を考えてみましょう。
例えば、季節によって使わない食器やイベントの時にしか使わない食器などは、「何が入っているか」しっかりと書いたプラケースなどに入れて、押し入れや収納庫へ片付けてしまいましょう。
使う季節やイベントシーズンにはまた出してくる、いわば食器の衣替えのようなものですね。
よく使う食器だけであれば、狭いスペースにもすっきりと収めることができます。

【ポイント5】《食器を変える》

「食器棚に食器が入りきらなくはみ出しちゃう」という悩みの方は、思い切って食器を変えてみるのはどうでしょう?
食器は、重ねても意外にかさばるもの。
「重ねて収納する」ことに特化した食器なら、スペースの小さい食器棚にもたくさんの食器を収納できます。
最近は省スペースの収納にこだわっている人が多いので、スタッキングできる食器は種類が豊富です。
特に人気の北欧雑貨は、効率的に収納できるものがほとんどです。
アウトドアブランドの食器もスタッキングに便利ですし、コレールも根強い人気がありますね。

まとめ

食器の収納5つのポイント!台所が広く使えて家事が楽になる
【1.台の上に物を置かない】
台所で作業しやすくするためには「物を置かない」のが基本です。

【2.壁に棚を作る】
コンセントなどを邪魔しない高さに、棚を作ります。

【3.壁に穴をあけずに棚をつくる】
突っ張り棒を使ったり、壁ごと作ったりして棚を作ります。

【4.食器は使用頻度で分ける】
よく使うものだけ取りやすい場所に置きます。

【5.食器を変える】
思い切って食器を変えてみる。

いかがだったでしょうか。
台所は、毎日使っている場所だから不便だけどそれになれてしまったり、大々的な改造をするのが面倒だったり、変化させるのが難しい場所でもあります。
でも、せっかく使うんだったら、便利に気持ち良く使いたいですよね。
収納はまるでパズルゲームのようで、使いやすくピタッとおさまったら、とても気持ちの良いものです。
楽しみながら、台所を気持ちよく家事をできるスペースに変身させてみましょう。

sponser link






-掃除・収納

© 2020 充実ライフ達人への道