掃除・収納

CDの収納5つのアイデアでお部屋がスッキリ!

好きなアーティストのCDを集めていたら、いつの間にか増えてしまった…というCDの山。
ケースに入らず、棚にも入らず、部屋にあふれて雪崩起こしていませんか?
大きさもジャケットのテイストもそろったCDだったら、片付けるのも割と楽。
でも、初回限定盤だったり、アーティストのこだわりだったりで、パッケージの大きさがばらばらだったり、みなさんCDの収納にはお悩みの様子。
「お、これはぜひ真似してみたい!!」と思うような素敵に工夫を凝らした収納の方法についてまとめてみました。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

それでは、今回は、CDの収納5つのアイデアでお部屋がスッキリ!についてお伝えします。

CDの収納5つのアイデアでお部屋がスッキリ!

【アイデア1】《枚数増加に備えた収納》

CD収納で大人気なのが、無印良品のCDストッカー。
約幅18×奥行40×高さ21cmの半透明の引き出し式ストッカーで、規格サイズのCDなら34枚がすっきり収まる大きさです。
もちろん積み重ねもOK。
別売りキャスターをつければCDを入れて重たくなっても動かしやすくて便利です。
定番商品なので、収納場所が足りなくなっても、買いたして継ぎ足して使えるのが魅力的。
奥行き40cmって、メタルラックなどにすっきり収まる奥行きなので、メタルラックにいくつも並べてCD収納スペースにしている人も多いです。
中には壁一面、このラックを並べている人もいるくらいです。
半透明という特性を生かして、一番表にくるCDを好きなアーティストだったり、お気に入りのジャケットだったりのCDを並べて自分好みの空間をプロデュースできます。

【アイデア2】《飾ってみる》

普段聴かないCDは中身がわかるように収納ケースに入れて押し入れに入れておいてもいいです。
よく聴くCDだけ身近に置いておきたい…という人にお勧めなのが、飾る収納。
飾る場所はいろいろです。
飾り棚にオシャレなブックエンドやブックスタンドを使って並べるのは、オーソドックスですが、落ち着く飾り方。
最近はDIYでねじで壁に留めるだけ…という飾り棚もよく見かけるようになりました。
壁に棚を取りつけて、重ねたり並べたり、CDの見せ方を工夫してさりげなくオシャレな雰囲気にするのもよいですね。

【アイデア3】《わざと無造作に》

100均ショップなどで購入できるCDの大きさにあったボックスに、ジャンル別アーティスト別にCDを入れて、部屋の空きスペースに積み上げる…というのもなかなか簡単でわかりやすい収納法です。
無造作で乱暴に見えますが、きちんとわかるように分けて入れてあると、聴きたいCDをすぐに取り出せて便利です。
ここで使うボックスですが、CD用のもので好みのものがない場合、他のもので大きさの合うものがあれば流用するといいですね。
変わったところでは、工場用副資材のネスティングバスケットや、ティッシュケースカバーなどがお勧め。
工場用副資材のネスティングバスケットには、CDを36枚収納することが出来て、しかも、積み重ねられるような形状をしているので、この収納方法に最適です。
ティッシュケースは、実はCD収納にぴったりの大きさ。
ワイヤーが入ったり、木枠だったり、丈夫なものを選べば、CD収納に使えます。

【アイデア4】《CDケースから出す》

CDと歌詞カード、ジャケットはプラケースに収まっていますが、実は必要なのはジャケットと歌詞カードとCDだけ…という人にお勧めなのがこの収納法。
プラケースでない、CDソフトケースというケースが市販されています。
丈夫なビニール製のケースで、CD、ジャケット、歌詞カードがコンパクトに収められるもの。
これを使うと、プラケースに入っているCDの約1/3の厚さにまでコンパクトになります。
大量のCD保有者には、大助かりの収納法(詳細は画像をクリック)ですね。
このケースに入れ替えて、引き出し収納が定番です。

【ポイント5】《PC関連品を利用する》

もっともっとコンパクトに…という人にお勧めなのがPC関連品。
データCD収納用のファイルがPC関連品で販売されているのですが、使うのはそのリフィル。
不織布でできた、袋です。
レンタルCDの袋より少し丈夫…といえばイメージできますね。
データCD用なので、ジャケットや歌詞カードまで収める余裕がないのが残念ですが、家での収納には十分。
CDやジャケット、歌詞カードをプラケースから出し、CDは不織布の袋へいれ、ジャケットと歌詞カードと3つセットで引き出しへ収納します。
引き出しを開けてCDをパラパラ繰って探すと、意外に探しやすいのがポイントです。

まとめ

CDの収納5つのアイデアでお部屋がスッキリ!
【1.枚数増加に備えた収納】
CDストッカーを活用し、メタルラックなどに収納する。

【2.飾ってみる】
壁に棚を取りつけて、CDの見せ方を工夫する。

【3.わざと無造作に】
CDの大きさにあったボックスに入れて積み重ねる。

【4.CDケースから出す】
CDソフトケースなどを活用しコンパクトに収納する。

【5.PC関連品を利用する】
PC関連のリフィルを活用する。

いかがでしたか?
どんどん増えていくCD。
それぞれに思い出があって、手元に置いておきたいものですね。
たくさんのCDを整理して収納するのは大変。
でも、そのCDを手に入れた時の自分を懐かしみながらの作業はちょっとしたタイムトリップ。
ぜひ試してみてくださいね。

sponser link






-掃除・収納

© 2021 充実ライフ達人への道